「私が負けるわけがない」の意味

令和になった5月。

今日は特に、
改元のお祝いモードになれないあなたや、
令和になったところで、つらい日々が終わるわけでもないしと思っているあなたに書きたいと思います。

平成元年のとき、私は12歳。小6でした。

つまり、私は中学生時代から2度の結婚生活を
平成の時代の中で過ごしたわけですが

順風満帆とはとても言い難い日々でした。

思い出は、いいことしか残らないとも言いますが、
私にはどうしてもそうは思えなくて

自分の能力というものに限界を感じた10代
何かに焦っていた20代
「どうして私は、”普通” に生きられないんだろうか」と思っていた30代

楽しい思い出の中にも、そんな苦悩の思い出もまだしっかりと
そこに鎮座していて。

シングルマザーを選んだ頃は
娘が成人するまでは頑張るけど、老後のことなどどうでもいい、
と、刹那的に生きていました。

個人年金だとか、全く考えたこともなく!

ただ、私は娘を愛していた。

それだけは言えます。

 

お金もないのに、娘には、アウトドアの経験をさせたくて
予備のお金も持たず(持てなかった)
幼い娘を連れて、北アルプスの山に連れていきました。

 

持っていった食糧も尽きて、
かといって、山小屋で食べ物を買うお金も足りず

娘にはなんとか食べさせ
空腹をガマンしながら山歩きをしてました。

(アホか、という感じです。お金も食糧も十分に持たない山行なんて危険すぎる。
でも、最高の思い出。)

 

気づけば、40代に突入。

縁があり、再婚をしましたが、その時も大変でした。

家族とは膠着状態が続き、
私が一生独身でいることが、
両親にとっては一番望ましいことなのかもしれない
そう感じることも多かったです。

シングルマザーさんとお話ししていると
再婚した私のことを、たまにうらやましがれたりもします。

ありがたく気持ちはいただきますが、
でもね、再婚、即、幸せ ではないのですよ。

再婚したって、いろんなことがあります。

もちろん幸せや安心を感じられますが、
感じられないときだってあります。

結婚って、

配偶者、子ども、親・・・

生々しい人間関係、そして日常の生活そのものなんですから。

↑キャンプで焚き火。炎を見つめること数時間。

 

ただ私は、たとえ泥の中にいても

そこから蓮の花を咲かせることができる自分であると

どこかで信じているんです。

 

例えるならば、私はエレカシのこの曲でいう

「私が負けるわけがない」

というのに通じるものがあると思っています。

(マニアックで恐縮です)

 

負けるって、失敗とか撤退とか、そういうもんじゃなくて

コテンパンにやられても

なお自分が自分でいること

 

私はそう思っています。

 

 

「悲しくって泣いてるわけじゃあない

 生きてるから涙が出るの」

 

本当によく泣いた平成でした。

離婚後なんて、本気で一生分の涙を流し、

枯れ尽くした感がありました。

 

でも、枯れることはなかった。

おそらく、令和の時代も私は泣くことが多々あると思う。

 

ただ私は、純粋に悲しいだけでは泣かない。

悔しさ、自分への期待、決意、覚悟、いろんな感情が混ざっている。

それが、泣き虫の私が生きてるってことだからね。

 

シングルマザーのあなたが、もし苦しんでいるなら

私とつながってください。

そんなあなたとお話がしたいのです。

そのために「シングルだいじょうぶ会」を企画しました。

 

シングルだいじょうぶ会に込めた思いはこちらを

ラブラブシングルだいじょうぶ会ラブラブ   
毎週金曜日 夜22時〜22時30分 
参加費:無料 
対象者:シングルマザー予備軍、シングルマザー、元シングルマザー
    パートナーシップや家族に関して葛藤がある人すべて

まじかるクラウン参加ご希望の方は、まずLINE@で私と繋がってくださいね
   ↓
まじかるクラウン日程はLINEのやりとりで決めましょう

   ↓

まじかるクラウンお約束の時間になったら私に電話をください。

  30分お話ししましょう。

時間超過に伴う代金発生はありません

 

お申し込みは、LINE@から

あなたと私の1:1でメッセージのやりとりができます。

今はだいじょうぶ、というあなたも

いつか話したいかも、というときのために、私とつながってくださいね。

メッセージには必ずお返事します。

友だち追加 

大人って、自分の選択ができること

成人式の日、外出していたら
華やかな振り袖姿の方をたくさん見ました。

それを見て、気づいたんです。
私、着物が好きだ!!

やっぱり娘の卒業式には着物着ちゃおうかな!と密かに決意。

実は、私は成人式には出ていません。
私は浪人中で、センター試験を控えてました

成人式は出ませんでしたが、
大学の卒業式で、袴を、
大学院修了時に、振り袖を着ました

実は、私の父は
華美なものや
着飾ることを良しとしない人でした。
七五三には着物を着させてもらえず
成人式の着物についても、いい顔をしませんでした。

昔は、そんな父の影響もかなり受けていて
派手な服を着てはいけないという思い込みがあったように思います。

でも、父は父、私は私。

父の好みに合わせる必要はない、
という、当たり前のことに気づき、
自分の選択ができるようになったのは
やはり成人になった頃だったように思います。

そんな父とはいえ、時は経ち
孫娘の七五三の着物姿にはメロメロでしたが 笑

 

大人ってなんだろう。

定義は人によってそれぞれ違うし、
一言で済むものではないけれど

親も自分と同じように
不完全さや未熟さを持つ
ただひとりの人間だということを知ること

親のための選択でなく
自分の気持ちに沿った選択ができるということ。

そんなふうに思います。

親の望んでいるであろう選択を
しようとしていませんか?

あなたは、本当はどうしたい?

わからなくなったら、
ライフコーチがあなたの助けになると思います。

人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。
何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

 

まじかるクラウン人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。

まじかるクラウン何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを

応援させてください。

 

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら
 

義理のお母さんの笑顔

元旦、私は夫の実家で過ごしました。

夫の母は、1年以上前に転倒して骨折して入院。

その間にもいろいろなことがあり、ずっと病院や附属の施設で
過ごしてきました。

昨年お見舞いに行くと、
夫(つまり義母にとっての息子)の名前を間違えて呼ぶこともあり
つじつまの合わない話をしていたり
住んでいた家のことも忘れてしまったり
このまま認知症になってしまうのかな・・・と
寂しく感じていました。

にこやかだった義母が、
長い入院生活でだんだん笑わなくなってきた、
そんな印象がありました。

そして元旦、一時帰宅ができるとのこと。
私たちが実家に着くと、
本当に久しぶりに、居間の椅子にお義母さんが座っていて
「おかえり〜」との声が。

この一年、その椅子には誰も座ることもなくてね。

みんなでお寿司とカニをいただきました。
そして、本当に久しぶりにお義母さんの笑顔を見ました。

最初に、この家に私が娘を連れて来た時、
夫の母に会うのはやっぱり緊張や不安がありました。

だって、いい歳をした息子が、バツイチ子連れの私と結婚するなんて言い出して
驚かないはずがない。

なのに・・・
お義母さんは笑顔で私と娘を迎えてくれたんです。

そんなことを思い出しながら
最後、再び病院に戻るお義母さんが車の中から
笑顔で手を振っているのに、私も笑って手を振り返していました。

「もしかしたら、こうして会えるのは最後かもしれない」

2年前、突然父を亡くしてからは
特にそう思うようになりました。

もし、会うのが最後だとしたら
あなたはその人と、どんなふうに接しますか。

 

プライベートすぎてブログでは書けないことはメルマガで書いてます。
よかったら登録してくださいね。

【あきらめから幸せな人生を作り直す方法】の購読申し込みはこちら

 

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。
逆に言うと、何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを
応援させてください。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

性懲りもなく、自分に期待し失望する、それが私

年末いかがおすごしでしょうか?

いよいよ今年が終わりますね。
どんな1年でしたか?

私は、父が亡くなってから最初の年、
「家族」について向き合う一年になりました。

遺された母との関係。
父の遺品に対する考え方の相違。
「モノ」との関係。

泣くこともありました。
怒ることもありました。

そして、仕事に関しても、
自分自身のことに関しても、
相変わらず、自分のダメなところに出会っては失望し、
そして性懲りもなく自分にまた期待して。

来年こそ強くなる!来年こそ、泣かない!
かつてそんなふうに決意していた時代もありましたが
もう今はそんなことは思いません。

性懲りもなく、自分に期待しては失望し
それを繰り返すのが私なんですから。
で、それが愛おしい。

泣き虫さんはいますか?私の仲間です^^

来年もまた私は、小さな挑戦をし続けていきます。
そして、あなたの小さな挑戦もどうか応援させてくださいね。

良い年をお迎えください。

 

プライベートすぎてブログでは書けないことはメルマガで書いてます。
よかったら登録してくださいね。

【あきらめから幸せな人生を作り直す方法】の購読申し込みはこちら

 

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。
逆に言うと、何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを
応援させてください。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

家族の変化 3世代同居について

私は2年前に子連れ再婚し、
元々住んでいたマンションの近くに引っ越しました。

家探しは
・娘の小学校の学区内であること(転校がないように)

が絶対条件でした。

不動産屋さんにとにかくX丁目のX番地~X番地の中で!
と無理を言いつつ
やっと見つけたのが、
新たな住まいでした。

元の住まいからは徒歩5分ちょっと。
ずっと「孫」と暮らしていた私の両親が、寂しい思いをしないよう
娘の生活が、あまり変わらないよう・・・

そんなことを最優先で考えていました。

その時私が一番恐れていたのは
多分、娘が「前の家に帰りたい」と言うことだったように思います。
結果的に、娘はそう言うことはありませんでしたが。

その住まいは、築30年を超えた古いマンションでしたが
(昭和っぽさ100%!)
リフォームもしてあり
中はきれいで、
私がクライアントさんとコーチングセッションをするための
スペースも作れたし
娘の部屋も作れて
居心地の良い生活でした。

きっと、ここでの暮らしはしばらく続く、
引越しをすることはあっても
夫と娘、私の3人家族で暮らしていくんだろう

そう思っていました。

が、昨年、私の父が亡くなったことから
状況は少しずつ変わり

さまざまな事情から、本当にさまざまな事情により
結論、
私たちは、一人暮らしをしている母と同居することを
決めました。

この決心はすぐにはできませんでした。
母も、私も、そしておそらく私の夫も、娘も
それぞれが
それぞれの思いや葛藤を抱えていて、
その結果の選択になりました。

また、続きは書きますが、プライベートすぎてブログでは書けないことは
メルマガで書いてます。

よかったら登録してくださいね。

【あきらめから幸せな人生を作り直す方法】の購読申し込みはこちら

 

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。
逆に言うと、何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを
応援させてください。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

着物が、新しい土地へ

ここ最近、自宅と母の住むマンションの片付けをしています。

私はどちらかというと、断捨離好きで、あまり物に執着はなく
比較的、すぐに処分する決心ができます。

次は、小学校〜大学の卒業アルバムを処分しようかと思っているくらいです。
ハードカバーだし、個人情報載ってるから処分が難しいんですが
溶解処理をしてくれるサービスがあるんです。
(家族には「信じられない!」と言われそう・・・)

でも、こんな私もどうしても処分ができずにいるものがありました。

そのうちの一つが、娘の3歳の時の、七五三の着物。

当時私はシングルマザー。
娘の幸せをただただ祈っていた私ですが、
節目でもある七五三の着物を用意する経済的余裕はありませんでした。
精神的余裕もなかったなあ・・・

さらに言えば、
両親揃って七五三のお祝いにきている家族連れを見るのも
まだ心がチクリとしていた頃。
そして、娘自身も、そろそろ「何で私にはお父さんがいないの?」と
思っているであろう年齢。

自宅と保育園と会社の三角形の中でただ必死に毎日が過ぎていきました。

そこで、見かねた母が
間も無く閉店するデパートの広告で七五三の着物が
先着5名限定で安く購入できるのを知り、
開店前に並んでくれて、
孫のために、と着物を買ってくれたのです。

生まれた頃から父親の存在自体を知らなかった私の娘のことを
私の母は、不憫に思い
絶対にこの子を大切に育てる、と言っていました。

この先、絶対に着ることはない着物。
布資源ごみなんて、とてもとても無理。
ヤフオク?メルカリ?
誰かが着てくれるなら、それでいいんだけど
何だかそんな気にもなれず
結果、9年経過。

でもこのまま眠らせておくのも帰って着物がかわいそうな気がして、
Facebookでこんな投稿をしてみたのです。

そしたら・・・
Facebookで繋がっていた、美容院を経営されている方が連絡を下さいました!

着物がなくてお詣りを躊躇しているお母さんがいらっしゃる…
ぜひうちの美容室で使わせていただきたい、と。

丁寧に箱詰めをし直し、梱包しながら
ああ、こういう方に、私は着物を届けたかったんだ…としみじみと感じて

大切に着物を扱ってくださったことに、
嬉しくて嬉しくてうれし泣きしそうでした。

オークションやメルカリなら、数千円くらいで売れたかもしれません。
でも、私は決してお金が欲しいわけじゃなかった。

何らかの事情で、娘に着物を着せるのをあきらめざるを得ないお母さんのもとに届いてほしい。
そして、小さな女の子が着物を着て笑顔になってほしい。
その子が産まれて、3歳まで育ったことを親子でお祝いしてほしい。
その子の存在が祝福されてほしい。

そんな思いだったのです。

七五三のお詣りに、着物でないといけないとは思っていません。
実際私自身は、3歳、7歳ともに洋服でした。

本当は私は着物を着たかったのですが、
父が当時、着飾ることを良しとしない信条で、
私は着物がいいとは言えず…(これは7歳の時)

だから、自分の娘に、着物を着せてあげたい、という思いは、
ちょっと強かったのかも。

着物を受け取ってくださった、美容師さんがこんなメッセージを。

「慌ただしく過ごしているお母さんがたに、
節目を祝う大切さもお伝えしていきます♡」

9年間眠っていた着物が、新しい土地で
また小さな女の子を笑顔にする・・・・
なんて嬉しいことなんだろう。

着物の行き先はこちら。
八ヶ岳山麓の、私の大好きな土地にある美容院。
みどりさん、いつか会いに行かせてくださいね。

美容室みどりLove Earth

そして、今月末、着付けることが決まったそうです。
嬉しい・・・!

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを
応援させてください。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

いつもの自分でいられるよう、守ってくれるもの

私は香水を2つ持っています。

平日用と、週末用。
私は会社に行く前に、平日用をつけます。
それは、ほぼ儀式になっています。

使いすぎると「香害」になってしまうので
ほんのひと噴きだけ。
他の人は気づかないようなレベルだと思います。
自分自身も普通にしているとあまりわからないし
香水を付けた左手首に直接鼻を近づけてやっとわかるくらい。

私、いい香りの人と思われたくて付けているんではなくて
(もちろん臭いとは思われたくないけれど!)
たぶん、それは自分を守るためなんだ。
どんな状況でも、いつもの自分、本来の自分であるため。

会社でどんなことがあっても、
いつもの自分であるため。

悔しい思いをしても
自分を必要以上に責めてしまわないため。
自分には価値がないと思い込まないため。

自分を守るために
他人への攻撃になったり、
お酒への依存になったり、
ギャンブルとか
自傷行為とか
後から後悔したり、自分を嫌いになりそうな行動は
なるべく避けたい。

自分では抱えきれない感情や葛藤を行動や態度にあらわすこと
行動や態度に表す事で紛らわせることを
「アクティングアウト」と言うそうです。

他人を攻撃したり、何かに依存したりすることなく
できれば、自分の守るための
健全な行動が
たくさんあるといいなと思うのです。

私は、そのうちの一つが「香水」です。

あなたは、何に自分を守ってもらっていますか?

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
 まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

泣き虫のあなたへ 泣き虫コーチの私から

先日、仲良しの会社の友達が、会社を辞めました。

仕事で悔しいこといっぱいあったらしくて
退職時に人事部との面談で、
それを話しているうちに
あまりに悔しくて、涙出た、って言ってました。

そして今月、
私は、いつもの人事考課面談。

いろんな事情で
私の面談は管理職3人と、私の計4人で行われるんです。

うち、一人は関西の支社勤務の管理職。
テレビ会議でつなぎます。

3:1の面談ってわけ。
どうしてだろうか、1:1の面談では話せることが、

3:1の面談では言いたいことがひとつも言えない私。

1言えば10返ってくるような気がして
一人一人のダメ出しが
相乗効果みたいに私の頭の上からザバザバと降ってくる。

会社では泣くまい、絶対に泣くまい
そう思ってるんだけど
耐えきれない時もある。

最初は30歳くらいの時だったかな。
でも、今は40歳過ぎの私。
何泣いてんのよ、って思うわけ。

目に涙溜めて、こぼれないようにするのに必死で
そのほか何も考えられず、
当然、話せず。
上司も、もうダメだと思ったらしく
あとは事務連絡だけ聞いて
それで面談は終了しました。

トイレで涙を拭いて、マスクで赤くなった鼻を隠して
昼休み、友人とランチに行って、
午後から、仕事に没頭。
あれ、風邪ですか?と聞かれて
そうなんです〜って言ってみたり。

翌日も、普通に仕事に行きました。
その翌日も、3つくらいの案件をこなしました。

すぐ涙が出ちゃうのは、弱いからじゃないよ。
翌朝も、仕事に向かえる私って、強いじゃないか。
そう思うんです。

こんな私は、会社員しながら、プロのコーチとして活動しています。
泣き虫さんの気持ち、本当にわかります。

涙を止めるような薬ないかな?って本気で思ったことあります。
泣き虫なのは、私、子どもの頃からだから。
泣くなと言われても、どうやっても涙を引っ込めることができない。

それで、薬剤師になって、わかったんです。
涙を止めるような薬って
「精神安定剤」「抗うつ薬」だってこと。

泣き虫な私が、
最初の結婚生活が破綻しそうな時
電車の中だろうが、仕事中だろうが
涙が出てきて本当に困りました。

薬って、確かに効きます。

感情の起伏が抑えられて、確かに泣くまでの閾値は上がります。
でも逆に、喜びや楽しさを感じるまでの閾値も上がるんです。
あくまでも私の経験ですが。
それは、穏やかでもあるけれど、色彩のない世界のよう。

悲しみも、喜びも、どっちも大事。
無理に薬で抑える必要がないのなら
どちらの感情も存分に味わった方がいい、って今は思います。

赤ちゃんが泣いているのを見て、かわいいなあって思うように
自分が泣いてるのも、密かにかわいいな、って思ったって、
バチは当たらない。

もう十分苦しんで
これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから始めませんか。

明日は、今日よりも軽やかに生きるためであり
これから本当のあなた自身で、あなたの人生を生きるため。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

このメールにそのままご返信でも大丈夫です。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
 まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

月曜日が憂鬱なあなたへ

日曜日の夜って、どんな気持ちですか?

明日からまた仕事だあ・・・・って
憂鬱な気持ちになっている人、多いですよね。

職場で、
自分が尊重されていないような気がして
仕事のできない奴、と思われているような気がして
役に立てていない気がして
怖い先輩がいて、明日も怒られるんじゃないか
どうも馬が合わないあの人、すごいストレス・・・
私なんかいない方が、会社のためなんじゃないか
・・・・

これ、全部、私が思ったことがあることです。

もし、こんな風に感じているあなたならば
伝えたいことがあります。

今の仕事の悩みは、1年後には無くなりますよ。
仕事の状況、環境は間違いなく
時間と共に変化していきます。

あの嫌な同僚も、ひょっとしたら異動したり
退職するかもしれませんし

もしかすると、
あの怖い先輩は
1年後には、仲良しの先輩になって
一緒にランチに行ったりしているかもしれません。

これも、全部私が経験したこと。

そして、「私は仕事ができない、役に立ってない」
と思っているあなたへ。
本当にそれは事実でしょうか?

そしてさらに、もし、それが真実だとしたら、
あなたは今、どんな気持ち?
辛い作業ですが、ぜひ言葉にしてみてほしいのです。

続きはまた今度書きますね。

もう十分苦しんて
これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから始めませんか。

明日は、今日よりも軽やかに生きるためであり
これから本当のあなた自身で、あなたの人生を生きるため。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

このメールにそのままご返信でも大丈夫です。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
 まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

忘れないこと、忘れること そして、たくましさ

たとえば、日焼けの後だとか
肌が荒れていて、化粧水がなんだかヒリヒリするとか
そんな感じ。

今年の夏、山や海へと出かけましたが
ヒリヒリするほどの日焼けにならないように
対策はして。
でも、露出していた腕や足首はかなり黒くなってしまいました。

今日は、別のヒリヒリについて。

どんな人でも、痛い過去の経験とか、失敗あるかと思いますが

ヒリヒリ、ピリピリ、チリチリ…表現の違いはあれど

まぁ、いろいろありましたよね。

私の場合、それは過去の1回目の結婚と離婚のこと。
もう10年以上経つし、再婚した今も、心がヒリヒリする。
私には「ヒリヒリ」という表現がぴったり。

もう、時間も経って、娘も大きくなり、
再婚までして、
あの時には想像すらできなかった今を生きているけれども。

このヒリヒリ感は、
まだまだ、あの経験を忘れていないんだ、
ということを、お知らせされている感じ。

元夫の名前は、日本の某県にある地名でして。
娘との会話で、その地名が出てくると
脈拍が微妙に乱れるのを感じたりもして。

妙に勘が働く娘に「何かある」と気づかれて
少し前に、事実を暴露。
娘の反応は「ふーん、そうなんだ」で終わりましたが。
(去年、うっかり娘に戸籍謄本を見せてしまったことがあったのに
そこに書いてあった元夫の名はすっかり忘れているみたい)

「離婚」という言葉も、もれなく私の心はヒリヒリさせる。
ましてや、小学生の娘がその単語を発すると
「小学生が、軽々しくその言葉を口にするな〜〜!!」
って、心の中で言ってます 笑

私はこの夏日焼けして、黒くなった。
自分の心も、ちょっと黒く、たくましくなりたいものだと思う。

ものすごく辛い思い出って、忘れるものなのか、忘れないのか。
どっちの場合もあると思う。

本当に辛い思い出は忘れられないよ、って思ったこともあったけれど
実は、離婚したときの住所の番地、
私は全く思い出せない。

忘れるのも、たくましさの一種なのかもしれないね。

★11月スタートのコーチングのクライアントさんを募集します。


経済的な余裕もなく、将来に希望も見出せないシングルマザーだった私が、

ただ、本音を話せる人が欲しくて始めたのが、
コーチングとの出会いでした。
何を感じているのか、どうしたいのかすら自分ではわからない。
ただ、このままじゃダメな気がしていました。

あくまで私の個人的な考えですが、

私は、コーチングが手の届かない「高級品」であってはならないと

思っています。

必要な人に、コーチングというパートナーシップを届けたい。

経済的理由であきらめて欲しくないという気持ちは

今も変わらず持っています。
コーチングを受けたいが、費用の心配をしている方、
個別に、
ご相談に応じます。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

★ライフコーチングご案内

これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから。
明日は、今日よりも軽やかに生きるため。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら