着物が、新しい土地へ

ここ最近、自宅と母の住むマンションの片付けをしています。

私はどちらかというと、断捨離好きで、あまり物に執着はなく
比較的、すぐに処分する決心ができます。

次は、小学校〜大学の卒業アルバムを処分しようかと思っているくらいです。
ハードカバーだし、個人情報載ってるから処分が難しいんですが
溶解処理をしてくれるサービスがあるんです。
(家族には「信じられない!」と言われそう・・・)

でも、こんな私もどうしても処分ができずにいるものがありました。

そのうちの一つが、娘の3歳の時の、七五三の着物。

当時私はシングルマザー。
娘の幸せをただただ祈っていた私ですが、
節目でもある七五三の着物を用意する経済的余裕はありませんでした。
精神的余裕もなかったなあ・・・

さらに言えば、
両親揃って七五三のお祝いにきている家族連れを見るのも
まだ心がチクリとしていた頃。
そして、娘自身も、そろそろ「何で私にはお父さんがいないの?」と
思っているであろう年齢。

自宅と保育園と会社の三角形の中でただ必死に毎日が過ぎていきました。

そこで、見かねた母が
間も無く閉店するデパートの広告で七五三の着物が
先着5名限定で安く購入できるのを知り、
開店前に並んでくれて、
孫のために、と着物を買ってくれたのです。

生まれた頃から父親の存在自体を知らなかった私の娘のことを
私の母は、不憫に思い
絶対にこの子を大切に育てる、と言っていました。

この先、絶対に着ることはない着物。
布資源ごみなんて、とてもとても無理。
ヤフオク?メルカリ?
誰かが着てくれるなら、それでいいんだけど
何だかそんな気にもなれず
結果、9年経過。

でもこのまま眠らせておくのも帰って着物がかわいそうな気がして、
Facebookでこんな投稿をしてみたのです。

そしたら・・・
Facebookで繋がっていた、美容院を経営されている方が連絡を下さいました!

着物がなくてお詣りを躊躇しているお母さんがいらっしゃる…
ぜひうちの美容室で使わせていただきたい、と。

丁寧に箱詰めをし直し、梱包しながら
ああ、こういう方に、私は着物を届けたかったんだ…としみじみと感じて

大切に着物を扱ってくださったことに、
嬉しくて嬉しくてうれし泣きしそうでした。

オークションやメルカリなら、数千円くらいで売れたかもしれません。
でも、私は決してお金が欲しいわけじゃなかった。

何らかの事情で、娘に着物を着せるのをあきらめざるを得ないお母さんのもとに届いてほしい。
そして、小さな女の子が着物を着て笑顔になってほしい。
その子が産まれて、3歳まで育ったことを親子でお祝いしてほしい。
その子の存在が祝福されてほしい。

そんな思いだったのです。

七五三のお詣りに、着物でないといけないとは思っていません。
実際私自身は、3歳、7歳ともに洋服でした。

本当は私は着物を着たかったのですが、
父が当時、着飾ることを良しとしない信条で、
私は着物がいいとは言えず…(これは7歳の時)

だから、自分の娘に、着物を着せてあげたい、という思いは、
ちょっと強かったのかも。

着物を受け取ってくださった、美容師さんがこんなメッセージを。

「慌ただしく過ごしているお母さんがたに、
節目を祝う大切さもお伝えしていきます♡」

9年間眠っていた着物が、新しい土地で
また小さな女の子を笑顔にする・・・・
なんて嬉しいことなんだろう。

着物の行き先はこちら。
八ヶ岳山麓の、私の大好きな土地にある美容院。
みどりさん、いつか会いに行かせてくださいね。

美容室みどりLove Earth

そして、今月末、着付けることが決まったそうです。
嬉しい・・・!

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを
応援させてください。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

いつもの自分でいられるよう、守ってくれるもの

私は香水を2つ持っています。

平日用と、週末用。
私は会社に行く前に、平日用をつけます。
それは、ほぼ儀式になっています。

使いすぎると「香害」になってしまうので
ほんのひと噴きだけ。
他の人は気づかないようなレベルだと思います。
自分自身も普通にしているとあまりわからないし
香水を付けた左手首に直接鼻を近づけてやっとわかるくらい。

私、いい香りの人と思われたくて付けているんではなくて
(もちろん臭いとは思われたくないけれど!)
たぶん、それは自分を守るためなんだ。
どんな状況でも、いつもの自分、本来の自分であるため。

会社でどんなことがあっても、
いつもの自分であるため。

悔しい思いをしても
自分を必要以上に責めてしまわないため。
自分には価値がないと思い込まないため。

自分を守るために
他人への攻撃になったり、
お酒への依存になったり、
ギャンブルとか
自傷行為とか
後から後悔したり、自分を嫌いになりそうな行動は
なるべく避けたい。

自分では抱えきれない感情や葛藤を行動や態度にあらわすこと
行動や態度に表す事で紛らわせることを
「アクティングアウト」と言うそうです。

他人を攻撃したり、何かに依存したりすることなく
できれば、自分の守るための
健全な行動が
たくさんあるといいなと思うのです。

私は、そのうちの一つが「香水」です。

あなたは、何に自分を守ってもらっていますか?

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
 まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

泣き虫のあなたへ 泣き虫コーチの私から

先日、仲良しの会社の友達が、会社を辞めました。

仕事で悔しいこといっぱいあったらしくて
退職時に人事部との面談で、
それを話しているうちに
あまりに悔しくて、涙出た、って言ってました。

そして今月、
私は、いつもの人事考課面談。

いろんな事情で
私の面談は管理職3人と、私の計4人で行われるんです。

うち、一人は関西の支社勤務の管理職。
テレビ会議でつなぎます。

3:1の面談ってわけ。
どうしてだろうか、1:1の面談では話せることが、

3:1の面談では言いたいことがひとつも言えない私。

1言えば10返ってくるような気がして
一人一人のダメ出しが
相乗効果みたいに私の頭の上からザバザバと降ってくる。

会社では泣くまい、絶対に泣くまい
そう思ってるんだけど
耐えきれない時もある。

最初は30歳くらいの時だったかな。
でも、今は40歳過ぎの私。
何泣いてんのよ、って思うわけ。

目に涙溜めて、こぼれないようにするのに必死で
そのほか何も考えられず、
当然、話せず。
上司も、もうダメだと思ったらしく
あとは事務連絡だけ聞いて
それで面談は終了しました。

トイレで涙を拭いて、マスクで赤くなった鼻を隠して
昼休み、友人とランチに行って、
午後から、仕事に没頭。
あれ、風邪ですか?と聞かれて
そうなんです〜って言ってみたり。

翌日も、普通に仕事に行きました。
その翌日も、3つくらいの案件をこなしました。

すぐ涙が出ちゃうのは、弱いからじゃないよ。
翌朝も、仕事に向かえる私って、強いじゃないか。
そう思うんです。

こんな私は、会社員しながら、プロのコーチとして活動しています。
泣き虫さんの気持ち、本当にわかります。

涙を止めるような薬ないかな?って本気で思ったことあります。
泣き虫なのは、私、子どもの頃からだから。
泣くなと言われても、どうやっても涙を引っ込めることができない。

それで、薬剤師になって、わかったんです。
涙を止めるような薬って
「精神安定剤」「抗うつ薬」だってこと。

泣き虫な私が、
最初の結婚生活が破綻しそうな時
電車の中だろうが、仕事中だろうが
涙が出てきて本当に困りました。

薬って、確かに効きます。

感情の起伏が抑えられて、確かに泣くまでの閾値は上がります。
でも逆に、喜びや楽しさを感じるまでの閾値も上がるんです。
あくまでも私の経験ですが。
それは、穏やかでもあるけれど、色彩のない世界のよう。

悲しみも、喜びも、どっちも大事。
無理に薬で抑える必要がないのなら
どちらの感情も存分に味わった方がいい、って今は思います。

赤ちゃんが泣いているのを見て、かわいいなあって思うように
自分が泣いてるのも、密かにかわいいな、って思ったって、
バチは当たらない。

もう十分苦しんで
これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから始めませんか。

明日は、今日よりも軽やかに生きるためであり
これから本当のあなた自身で、あなたの人生を生きるため。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

このメールにそのままご返信でも大丈夫です。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
 まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

月曜日が憂鬱なあなたへ

日曜日の夜って、どんな気持ちですか?

明日からまた仕事だあ・・・・って
憂鬱な気持ちになっている人、多いですよね。

職場で、
自分が尊重されていないような気がして
仕事のできない奴、と思われているような気がして
役に立てていない気がして
怖い先輩がいて、明日も怒られるんじゃないか
どうも馬が合わないあの人、すごいストレス・・・
私なんかいない方が、会社のためなんじゃないか
・・・・

これ、全部、私が思ったことがあることです。

もし、こんな風に感じているあなたならば
伝えたいことがあります。

今の仕事の悩みは、1年後には無くなりますよ。
仕事の状況、環境は間違いなく
時間と共に変化していきます。

あの嫌な同僚も、ひょっとしたら異動したり
退職するかもしれませんし

もしかすると、
あの怖い先輩は
1年後には、仲良しの先輩になって
一緒にランチに行ったりしているかもしれません。

これも、全部私が経験したこと。

そして、「私は仕事ができない、役に立ってない」
と思っているあなたへ。
本当にそれは事実でしょうか?

そしてさらに、もし、それが真実だとしたら、
あなたは今、どんな気持ち?
辛い作業ですが、ぜひ言葉にしてみてほしいのです。

続きはまた今度書きますね。

もう十分苦しんて
これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから始めませんか。

明日は、今日よりも軽やかに生きるためであり
これから本当のあなた自身で、あなたの人生を生きるため。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

このメールにそのままご返信でも大丈夫です。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
 まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

忘れないこと、忘れること そして、たくましさ

たとえば、日焼けの後だとか
肌が荒れていて、化粧水がなんだかヒリヒリするとか
そんな感じ。

今年の夏、山や海へと出かけましたが
ヒリヒリするほどの日焼けにならないように
対策はして。
でも、露出していた腕や足首はかなり黒くなってしまいました。

今日は、別のヒリヒリについて。

どんな人でも、痛い過去の経験とか、失敗あるかと思いますが

ヒリヒリ、ピリピリ、チリチリ…表現の違いはあれど

まぁ、いろいろありましたよね。

私の場合、それは過去の1回目の結婚と離婚のこと。
もう10年以上経つし、再婚した今も、心がヒリヒリする。
私には「ヒリヒリ」という表現がぴったり。

もう、時間も経って、娘も大きくなり、
再婚までして、
あの時には想像すらできなかった今を生きているけれども。

このヒリヒリ感は、
まだまだ、あの経験を忘れていないんだ、
ということを、お知らせされている感じ。

元夫の名前は、日本の某県にある地名でして。
娘との会話で、その地名が出てくると
脈拍が微妙に乱れるのを感じたりもして。

妙に勘が働く娘に「何かある」と気づかれて
少し前に、事実を暴露。
娘の反応は「ふーん、そうなんだ」で終わりましたが。
(去年、うっかり娘に戸籍謄本を見せてしまったことがあったのに
そこに書いてあった元夫の名はすっかり忘れているみたい)

「離婚」という言葉も、もれなく私の心はヒリヒリさせる。
ましてや、小学生の娘がその単語を発すると
「小学生が、軽々しくその言葉を口にするな〜〜!!」
って、心の中で言ってます 笑

私はこの夏日焼けして、黒くなった。
自分の心も、ちょっと黒く、たくましくなりたいものだと思う。

ものすごく辛い思い出って、忘れるものなのか、忘れないのか。
どっちの場合もあると思う。

本当に辛い思い出は忘れられないよ、って思ったこともあったけれど
実は、離婚したときの住所の番地、
私は全く思い出せない。

忘れるのも、たくましさの一種なのかもしれないね。

★11月スタートのコーチングのクライアントさんを募集します。


経済的な余裕もなく、将来に希望も見出せないシングルマザーだった私が、

ただ、本音を話せる人が欲しくて始めたのが、
コーチングとの出会いでした。
何を感じているのか、どうしたいのかすら自分ではわからない。
ただ、このままじゃダメな気がしていました。

あくまで私の個人的な考えですが、

私は、コーチングが手の届かない「高級品」であってはならないと

思っています。

必要な人に、コーチングというパートナーシップを届けたい。

経済的理由であきらめて欲しくないという気持ちは

今も変わらず持っています。
コーチングを受けたいが、費用の心配をしている方、
個別に、
ご相談に応じます。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

★ライフコーチングご案内

これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから。
明日は、今日よりも軽やかに生きるため。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

その挑戦は、何を得るためなのか 〜受験勉強にする葛藤〜

娘の通う塾の個人面談で
「・・・・・。」となる成績表を目の前に
「ああ、ちょっとこれは厳しいですね」と答えながら
私の頭の中は、
娘が志望校に落ちて、地元の公立中に進むシュミレーション。

「お母さんは、責めないで、励ましてくださいね。
私共の方で、ちょっと厳しめに指導しますので。
彼女、ちゃんと力を発揮すれば
△△中学は大丈夫ですので」
と先生。

帰り道、自転車をこぎながら

なんで算数できない?
ちゃんと勉強を見てあげたほうがいいんだろうか?
だってそんな時間ないよ〜
母親ならその時間をなんとしてでも捻出すべき?
でもあの子に私が勉強教えるとすぐ不機嫌になって
ケンカになりそう、いやだなあ。
なんて言葉が頭の中を右往左往。

そして、ハッと気づいて
コーチとして自分にいろいろつっこみます。

成績に関して、娘はどんな気持ちなんだろう?
どうしたら解決できそう?
本当に時間がない?
私ができること、どんなことがある?
どんなふうにしたら、娘といい関係性を築ける?
ケンカにならないように、何を工夫する?

数学は好きだけど得意ではなかったし
受験はたくさん失敗しているし
有機化学を専攻していた学生時代も、
電子の動きがなんだかよくわからなくてモヤモヤしていたし
今だって、自分の能力的なことで
数え切れないほど、自分のできなさを感じてきた私。

「できない」「わからない」気持ち、実はよくわかる。
娘のこと、自分のこと
振り返ってみると自分の中にもいろんな矛盾や葛藤が。

*

娘の成績が悪かった。
じゃあ、どうする?

小さな葛藤はいろいろあるけれど
あと数ヶ月、娘の勉強にもう少し関わろうと思いました。

そして、そもそも
なんのための受験なのか?
受験の結果にかかわらず、私が娘に対して、
何を望んでいるのか?
それを思い出そう。

最終的に私が望んでいることは
どこの学校であろうと
娘が中学生活を楽しく、笑顔で過ごしてほしい
いろんな経験をしてほしい
ってことなんだ、ということを何度も自分に確認して。

その挑戦は何を得るためなのか
そして、最終的に求めているものは何だろうか

正解はないのだから、
自分自身の答えを求める過程で出会う矛盾や葛藤を
大切に、それを味わうのが大事。


ここからは、その日の夜の話。

できる範囲で、娘の勉強に関わろうと決意をして
わからない問題は聞いてね、と声をかけてみたら
こんな問題。

40人の学級から委員を2人選びます。
A,B,C,Dの4人が立候補しました。
Aが必ず当選するためには最低何票とればよいですか。

わからない・・・。
解説読んでも、なんだかピンと来なくて、インターネットで類題を探してみる。
それで、やっとわかりやすい説明に到達しました。
(出典:https://ameblo.jp/top-pro/entry-11990713854.html

もしBが39票を取ったとしましょう。Aは1票取っただけで当選することになります。しかし1票取っただけで必ず当選するとは限りません。ではどのように票が割れても必ず当選していなければならない最低の票としては、3人が競って一線に並んだ時、1票でも多くとっていれば最も厳しい条件で当選したことになります。したがって
40÷3=13・・・1
13+1=14     答え14票

必ず当選するための最低得票数=投票する人数÷(選ばれる人数+1)+1

こういう、一般化された式を見て
ようやく意味が腑に落ちてきたけれど。
鍵になるのは、立候補者の人数は関係ないってこと。
何人立候補していようが、選ばれる人数で決まるんですね。

脳の、普段使わない部分を使って、
変な疲労感で早々に寝てしまいました 笑

★11月スタートのコーチングのクライアントさんを募集します。


経済的な余裕もなく、将来に希望も見出せないシングルマザーだった私が、

ただ、本音を話せる人が欲しくて始めたのが、
コーチングとの出会いでした。
何を感じているのか、どうしたいのかすら自分ではわからない。
ただ、このままじゃダメな気がしていました。

あくまで私の個人的な考えですが、

私は、コーチングが手の届かない「高級品」であってはならないと

思っています。

必要な人に、コーチングというパートナーシップを届けたい。

経済的理由であきらめて欲しくないという気持ちは

今も変わらず持っています。
コーチングを受けたいが、費用の心配をしている方、
個別に、
ご相談に応じます。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

★ライフコーチングご案内

これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから。
明日は、今日よりも軽やかに生きるため。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

「AならばB , それなら?」遺品整理のこと

今日、50代の男性とお話しする機会がありました。
その方は、お母様を亡くされて半年くらい。
「遺品を処分しようって言ったら、姉に泣かれちゃって・・・」

私自身も、つい先日、母に
「そろそろ、処分してもいいんじゃない?」と言ったら、
母が涙目になってしまい
「わかった、その気になるまではこのままにしよう」と言い直したりして。
ちょっと後味悪かったなあ・・・。

そんなことがあったので、
私も同じようなことがあったんですよ、とお話ししました。

遺品を大切に取っておくのは
故人のことを大切に思っているから

だからと言って
遺品を処分するのは
故人を大切に思っていない
ということではなくて。

・・・・

昔、最初の結婚をしていたとき
似たようなことで元夫とケンカをしたことがあります。

仕事から帰ってくるのが遅くなって
夜遅く、夕食の支度もできてなくて
こんな時に限って、食材がない!

たまたま、実家からもらった
「サムゲタン」の缶詰があったのを思い出し、
それを開けて夕飯にしたときのこと。

「マズい」っていうようなことを言われて
私は、カッとしてしまったんです。

あとは売り言葉に買い言葉。

後から言われたのは
「缶詰がおいしくないと言ったからといって、
親を否定したわけじゃない」

って言われたんです。

そんな遠い昔の出来事を思い出しました。

そうしたら、なんだか頭の中がこんがらがってきました。
でも、冷静に考えてみたら

AならばB、 だからといって
not A ならば not B ではない

ってことなんですよね。

後日、遺品の話を、
コーチングトレーニングの時に
コーチ仲間にしてみたんです。
それで、思ったこと。

結局、私の両親は
仲が悪そうに見えていたことがあったけれど
二人にはちゃんと絆があった。
もうそれで十分じゃないか。

遺品を処分するなんてひどいって思われるのは
多分ちょっとした誤差。

私にとっての父は大切な存在で、
同じく、
母も、夫、つまり私の父のことがとても大切な存在だった

その前提があるのだから
その誤差はきっと大したことないし、
小さな誤差を気にするあまり、
もっと大きなものを見落としてはいけないな、と思いました。

★11月スタートのコーチングのクライアントさんを募集します。


経済的な余裕もなく、将来に希望も見出せないシングルマザーだった私が、

ただ、本音を話せる人が欲しくて始めたのが、
コーチングとの出会いでした。
何を感じているのか、どうしたいのかすら自分ではわからない。
ただ、このままじゃダメな気がしていました。

あくまで私の個人的な考えですが、

私は、コーチングが手の届かない「高級品」であってはならないと

思っています。

必要な人に、コーチングというパートナーシップを届けたい。

経済的理由であきらめて欲しくないという気持ちは

今も変わらず持っています。
コーチングを受けたいが、費用の心配をしている方、
個別に、
ご相談に応じます。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

★ライフコーチングご案内

これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから。
明日は、今日よりも軽やかに生きるため。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

父の死から、コーチとしての1年

父が亡くなって1年になりました。

雨の金曜日に脳出血、翌日の土曜日に亡くなる。
霊安室から外へ出ると、秋晴れ。


天気まで1年前と同じような感じでした。

この1年いろんなことがありました。

父が亡くなる土曜日の朝、
私は、コーチとして、あるクライアントさんとの
初めてのセッションを予定していました。

仕事としてコーチングをやる以上、

こちらの都合によるリスケはなるべく避けたい・・・

そんなことを考えては
泣く泣く前日夜に、
事情をお話しして
結局、延期していただきました。



そのクライアントさんは、少しずつ、
自分を纏っていた服を脱ぎ捨てていき

本当にその姿が眩しく、
この1年で、私はコーチとしての喜びを知りました。

時には、
もっと自分はクライアントさんの言葉にならない思いを
聴くことができたのではないかと
力不足を痛感することもありました。


「コーチはクライアントによって育てられる」

そう感じました。

葬儀の次の日はライフコーチングのトレーニング初日。

父の死を受け入れているようで
受け入れられてないようで
。
それでも、必死に1日過ごして、
クタクタになって帰宅。

葬儀、コーチングトレーニング、

四十九日、
剱岳に向けての丹沢登山トレーニング
剱岳への散骨登山
新盆、
一周忌

この一年で、やっと父が他界したことが

体感として感じられるようになった気がします。

★11月スタートのコーチングのクライアントさんを募集します。


経済的な余裕もなく、将来に希望も見出せないシングルマザーだった私が、

ただ、本音を話せる人が欲しくて始めたのが、
コーチングとの出会いでした。
何を感じているのか、どうしたいのかすら自分ではわからない。
ただ、このままじゃダメな気がしていました。

あくまで私の個人的な考えですが、

私は、コーチングが手の届かない「高級品」であってはならないと

思っています。

必要な人に、コーチングというパートナーシップを届けたい。

経済的理由であきらめて欲しくないという気持ちは

今も変わらず持っています。
コーチングを受けたいが、費用の心配をしている方、
個別に、
ご相談に応じます。

オリエンテーション申し込み、質問やご相談は
LINE@からどうぞ。
https://line.me/R/ti/p/%40tzm7378i

★ライフコーチングご案内

これからはもう少しラクに生きたいあなたへ
まずは1時間だけ、素の自分に戻ることから。
明日は、今日よりも軽やかに生きるため。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

想像を超える自分に

久しぶりに、「セミナー」に行ってきました。

テーマは、【想像を超える1年、そして3年後の自分に出会おう!】

林忠之さんの主宰するライフコーチ 養成機関「ライフコーチ ワールド」で、
私はライフコーチングのトレーニングを受けました。
そして、そこでの先輩でもあり
同じステップファミリー 仲間でもある、
みつはしあきこちゃんを応援したくて
そして、私は、自分の40代をどう働き、どう生きるか。
そのヒントを得たくて参加しました。

何だかね、雰囲気がなぜだか懐かしくて、安心感があって。

そして、何よりも、「行っておいで」と
何度も言ってくれた夫の存在も大きいです。
実は、行きたい気持ちはあったけれど、
娘の学校公開日と重なり、迷いました。
いつもなら、学校公開日を優先するんですが、
なぜか「行っておいで」と夫が何度も言ってくれる。

それで、「行こう!」と決めました。

セミナーの中でこんな話がありました。

「決める」ってすごくパワフルなこと。
行き先がよくわからなくても、
とりあえずカーナビで「大阪駅」って入力して出発すればいい。
「大阪方面」なのかどうかすらわからなくても、
「とりあえず西の方」でもいい。
出発すれば、だんだん、行きたい場所がわかってくる。

そうか、ここ最近私が迷走していたのは
行き先を入力していなかったからだな、と気づきました。

そして、最後は、みんなでワークに取り組む時間。
自分で決めたことを宣言する時間がありました。

私は、いくつか書いていましたが
そのうちの一つだけをみんなで共有するんです。

迷いました。これ、言っちゃっていいんだろうか。
やめとこうか、って思いました。
でも、私が言ったのはやっぱりこれでした。
「ライフコーチングを仕事とすることを決めました」

私は、やりたいことをやることを決めました。

私は、登りたい山に登ることを決めました。(山は趣味以上の存在)

私は、家族でハワイに行くと決めました。(昔からの娘との約束)

私は、毎日1分以上走ると決めました。(超Baby step・・・)

私は、夫を愛し続けると決めました。(これは再婚を決めたときからずっと)

私は、量子力学を勉強すると決めました。(実はずっと興味があった)

私は、英語を勉強すると決めました。(できない自分を受け容れたうえで)

・・・・

なんてことを書いてました。
他の参加者の宣言も聴いていて、なんだかとても胸が熱くなりました。
ああ、私は人を応援して生きていきたい。
そう実感しました。

さて帰宅すると・・・
夫は一人で娘の学校公開日に行ってきたわけですが、

「初めてのおつかい」ならぬ「初めての1人で学校公開日」

なんと、知り合いのママ友と仲良くなって
そのママ友の仕事の相談話まで聴いてきたそう!
思いがけず想像以上のできごと。

意外に身近なところに「想像以上」はある。
きっと、大丈夫。
かっこ悪くて、迷ってばかりで、
ちっともスマートに生きられない私でも
そんな私だからこそ
自分の想像を超える未来が作れそうだ。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

「明日は、今日よりも元気になるために」
そんなコーチングを提供します。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

泥のような、あなたの心の中には

久しぶりの更新です。
最近、絶賛迷走中のワタクシ。
一歩踏み出しては、やっぱりやめて元に戻る。
そんなことの繰り返し。
(大・迷・惑!)
コーチだって、自分のことになると
自分が見えなくなって、心の中が混沌とする日もある。

泥に足をすくわれそうなときに助けてくれるのは何なんだろう。

手当たり次第に読む本の中の言葉なのか

第三者からの指摘なのか。

最近思ったのは、

どうしても行動できないなら、無理に進まないでもいいや、って思えるかどうか

しかたない、泥の感触をしばらく味わってみるか、とね。

先日、クライアントさんとのセッションを終えて、
クライアントさん自身の中に自分を見るかのような錯覚がして
思わず胸が震えてしまう。

迷うこと、落ちこむこと、誰かの目が気になること
やりたいことをやりたいと言うこと
実際に行動してみること

混沌とした自分の心の中から
手探りで見つけたものを取り出すこと

取り出したものを大切にしてほしい、と私は思う。
そして、大切にするための行動を心から応援する。

「泥中の蓮」という仏教の言葉がある。

真理・悟りなどが煩悩に汚染されないことから、
汚れた環境にあっても清らかなもの

といった意味だけれど
私はいつも
こじれた心の中にも、ちゃんと蓮の花芽はあると固く信じている。

クライアントさんにしても
私自身にしても。

今は蓮の花は咲いていなくても
必ず、蓮の花が咲く季節はやってくると思っている。

私は、泥のように混沌とした心の中から
スイレンの小さな蕾を見つけ出し、
一緒に咲くのを見守りたい。
だから、私はコーチングを仕事としています。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

もう十分苦しんだあなたへ、
もう少しラクに生きたいあなたへ。
まずは1時間だけ、素の自分に戻って、
本音を探りに行きませんか。

「明日は、今日よりも元気になるために」
そんなコーチングを提供します。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら