そばにいるということ「青い鳥 重松清」

松本華哉(かや)です。

プロフィールはこちら

実家に行った帰りの最寄駅で本屋に寄る。

買ったのは「青い鳥」(重松清)

 

 

短編をいくつか読み進め、3つ目くらいの「おまもり」という作品へ。

 

それは、交通事故(死亡事故)の加害者の娘の視点から書かれた物語。

タイムリーすぎて、ちょっと胸がギュッとなる。

 

先日、夫が歩行者と接触するという事故を起こしました。
幸い、相手方は打撲だけですみました。

菓子折りを持ってご自宅までお詫びに伺いましたが
直接会ってはもらえず。

どうにも気持ちが整理できないまま
二人で帰ってきました。

いつも通り、夫は元気な様子を装いつつも、
事故の件でちょっといつもと違う。

「おまもり」のように
もしも、死亡事故だったら・・・・

おそらく、一生、心から笑うことすら無くなるんじゃないか。

でも、死亡事故ではなくても、骨折してなくても
後遺症の心配はない打撲だったとしても

夫は、申し訳ない気持ちでいっぱいで
それはずっと消えないような気持ちなんだろう。

これから受ける罰金や点数のことも憂鬱だろうけれどね。
罰金を払ったところで
気持ちが完全にスッキリするわけでもない。

私は家族に「コーチング」はしないから
「どんな気持ち?」なんてことはきかない。

今私がすることは
ハンドルを再び握る夫を心の中で応援すること
事故を起こさないことを祈ること
夫が疲れる前に、運転を交代すること
自分が運転するときは
気合い入れて、運転に集中すること…

そんなことを思いながら
短編集をどんどん読み進みていくと
最後の短編「カッコウの卵」にこんな言葉がありました。

こんなふうに、そばにいてくれるんだよ、
それが、村内先生の仕事なんだよ

村内先生は吃音でうまく話せない。
でも、先生にはもっと大事な仕事がある。

家族がつらい思いをしているときは

そばにいる
それでいいんだと思いました。

 

この本の村内先生のように
私の役割は、そばにいることなんだと。

 

明日はお休み。
家族でちょっとでかけてきます。

 

LINE@では、ブログに書けないことも書いてます。

コーチングのお問い合わせも、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン(企画中)人生作戦会議プログラム(メール版)

 

 

 

大切にしたいものを大切にすれば、後悔のない選択ができる

松本華哉(かや)です。

 

プロフィールはこちら

 

先日、自分が受ける方のコーチングセッションでした。

 

コーチがコーチをつけるんですか?って聞かれることもありますが、

私としては、「当然のこと」だと思っています。

 

私がコーチングを受ける目的はいくつかありますが、

最初の目的はシンプルで

「自分の精神的安定のため」

でした。

崇高な目標達成のためではないんです。

でも、定期的なコーチとの対話は

私にとっては、大切な自分の時間でした。

 

シングルマザーで、

当時経済的に苦しかった私は、

もうコーチングを辞めようか?

と思ったことも何回かありましたが

自分もコーチになろうと決めていましたし

それが自分とって価値ある時間でしたから

無理をしつつもなんとか続けてきました。

 

自分がコーチになってからは、コーチングを受ける目的は

「自己基盤」を整えるためであり、

なぜ自己基盤を整える必要があるかというと

「自分がコーチとして、クライアントを全力で応援するため」

です。

 

 

コーチをつけるようになって、ずいぶんと「精神的安定」を得られるようになりました。

 

コーチングに出会う前は、もうめちゃくちゃ不安定でした。

昼間はふつうに仕事できていても

時折、夜、布団の中でひとり大泣きしたりしててね。

 

さて、自分のコーチとのセッションは、

いろんなことがテーマになります。

 

仕事、家庭、コーチとしての活動について、

親との関係、子どもとの関係などなど。

 

先日は、

私がこれから迎える「変化」に対して

感じている「怖さ」のことを話しました。

 

楽しみな気持ちと、

やっぱり怖さがあること

後悔はないけれど

大きなものを手放したような気がしていること。

 

でも、話しているうちに

やっぱり私は

怖さはあっても、変化を望み 乗り越えていくのが楽しみであり

今回の選択は

「自分らしい選択だ」と思っている。

そんなことに気づきました。

 

↑憧れの方から頂いたルピシアの紅茶セット。たくさんのティーパックから選ぶのは、毎回とても楽しかったなー。

 

 

後悔のない選択をするには、どうしたらいいのか?

昔は、随分私も悩みました。

 

その頃、いろいろなワークを通して

私は自分の価値観(つまりは、自分が大切にしたいこと)を知りました。

 

それは「挑戦」だったり「冒険」だったり

「受容」だったりするのですが

常に私は、何かを選択する時

自分の価値観に沿うかどうか、を基準にしてきました。

 

あなたは、何を大切に生きていますか?

 

それを知り、それを大切にした選択ができれば

きっと後悔することはないと思います。

 

自分が何を大切にしているのかわからない、

何を大切にしたいのかを知りたいあなたは

私がお手伝いします。

LINE@から、まずは私と繋がってくださいね。

 

LINE@では、ブログに書けないことも書いてます。

コーチングのお問い合わせも、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン(企画中)人生作戦会議プログラム(メール版)

 

 

 

母親の自己主張 西島さん洗濯機の話

松本かやです。

プロフィールはこちら

 

春、急遽、母親との同居を解消したため

新しい洗濯機(母親用)が必要になりました。

 

洗濯機といえば・・・!

私の周囲でたくさんの人たちが欲しい、って言っているのがこれ。

(西島さん効果絶大!!

これ買っても、西島さん付いてこないから〜!なんて言って笑ってる)

 

さて、我が母も「西島さんの洗濯機がいい」と。

一人暮らしだし、そんなに大きくなくてもいいんじゃない?とか

洗剤自動投入とか要らないでしょ、とか

私はそんな言葉を発してしまった。

 

母は母で、

家電量販店見てきたけど、他の機種はピンと来なかった、とか

やっぱり西島さんのがいい、と。

 

いろんなやり取りはあったのですが、

母はこんなことを言いました。

「(私の父が)生きていた時は、何も言わずに、私が一番欲しい機種を買ってくれたのに」

 

で、私は、もう何も言わずに

母の一番欲しい機種に決めました。

(えっと・・・我が家の洗濯機の何倍の値段なんだろ 笑)

 

昔から、自己主張などほとんどしなかった母が

父の死後、いろんな自己主張をするようになりました。

 

ちょっと私は戸惑っていますが

きっと、長い年月、自分を抑えてきたであろう母。

できる範囲で応えていこうと、この時は思いました。

 

(しかし、こんな自己主張は、まだまだ序の口でした・・・)

 

さて、これからどんな新たな関係性になっていくのだろう。

 

もしかしたら、母とは

ケンカをしちゃうかもしれないし

私も寛容になれないときもあるかもしれない

私はひとり悩みすぎて、

アダルトチルドレンだとか

親子関係だとか

そんな心理系の本を手に取るのかもしれない。

 

 

だだ、変わらないのは、私は母が笑っていてほしいということ

40過ぎの娘は、幼いあの頃と同じように

そう思っているということ。

クリムト 「女の三世代」

美術館の売店で買ったうちの一枚。

 

母には母の悲しみ、苦しみがあるということを

改めて感じさせられた絵。

 

 

 

LINE@では、ブログに書けない赤裸々なことも書いてます。

コーチングのお問い合わせも、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン(企画中)人生作戦会議プログラム(メール版)

 

 

 

人間関係や家族との関係に悩んだら、新しい関係性を創ればいい

松本華哉(かや)です。

プロフィールはこちら

人間関係って変わっていくもの。
小学校の友達が、中学生になるとだんだん合わなくなってきたり
新学期には一緒にいた友達が、
次の学期になる頃には、自然と変わっていったり

学生時代からの友達が
先にどんどん結婚して、出産していって
独身の自分とは、なんとなく距離感ができて・・・

そんなの、自然なことだよね
ってどこかで思っているはずの私たち。

だから、人間関係って変わっていくものだと思っている。

でも、家族ではどうなんだろう?
どこかで、「変わらないもの」「変わってはいけないもの」
って思っていませんか。

数年前の話になってしまいますが
父が急逝した時
こんな言葉をかけてくれた人がいました。

「お父さんとは、別れたわけではなくて、
あなたとお父さんの関係性がまた新しくなったんだよ」
って。

すごく救われた気持ちになりました。

そして、遺された母との関係に葛藤した時期。

これからは「新しい関係性を創る」そう思ったら
一筋の光が見えたような気がして、希望を感じました。

よく考えたら、夫婦関係も、親子関係も
みんな同じ。

傷つけば、回復するまでそこをかばい、
治っても傷あとが残るなら
それも自分の一部として、
うまく受け入れていく。

例えば、病気をして
回復した後の体は、病気する前の体とは違う。

突き指をした指は、治ってはいても、ちょっと曲がっているかもしれない。

生きていれば、無傷もありえないし
病気をしながら、抱えながら
完全復活というよりかは、
寛解を目指していく感じ。

人間関係、家族関係がずっと変わりなく続くこともない。
歪みが出てきたら
無理に元のカタチに戻そうとするよりかは
歪みを含めて、うまくバランスを取るようにしたほうがラク。

それが、新しい関係性ということなのかもしれない。

全ての木がまっすぐ生えているわけじゃない。

ちょっとしたところで、つまづいてるあなた。
「めんどくさい女」になっているあなた。
わかりますよ。私がそうだから。

あなたの小さな挑戦、私がお供します。
あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう↓

ライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

シングルだいじょうぶ会

目的地に行くだけのために、人間って歩くわけじゃない

先日、「山岳リトリート」してきました。

森の中で、お湯を沸かして、カップラーメン食べて

お手製にんじんケーキを温めて

おはぎも食べて 笑

 

 

食後のコーヒーおいしかったなあ・・・・

 

 

このコースは、新緑がきれいで、道は緩やかで

富士山や相模湾も見える

初心者向けコースながら贅沢コース♡

 

 

同行したみんなの笑顔がすてきでした。

私も何だか久しぶりに、心から笑った気がしました。

 

これは、週末に読んだ本(漫画)なのですが、

山が好きな私には、とっても魅力的な本でした。

 

益田ミリさんの作品です。

「週末、森で」

https://amzn.to/2VwyuQk

 

この中にね、こんな言葉があります。

目的地に行くだけのために、人間って歩くわけじゃない

 

本当にそうなんです。

死ぬためだけに、人間って生きるわけじゃないし

 

どうせまた降りてくるのに、なぜ登る?

登山なんて、何の意味があるのか?ってことになりますよね。

 

かやちゃん、なんで山が好きなの?

って良くきかれます。

 

生きることに一生懸命になれるから

って答えることもあるけれど

(危険な山に挑戦するときはね)

 

山で食べるものは何でもおいしいし

自分の体が、魂が喜んでいる感覚になるから。

 

私、普段カップラーメンなんて食べません。

・・・だって別においしくないし。スープなんて絶対捨てます。

 

アルファ米のごはん、昔、会社で食べたら

あまりのおいしくなさに驚きました 笑

それなのに、山の中では、ものすごくおいしいのが

とても不思議。

 

高級なチョコレートも大好きな私だけど

山の中では、アルフォートや、チョコパイが

それに匹敵するくらいのごちそうになるんだ。

 

歩ききったとき、

わあ、私、よくやったね!!って素直に思える。

 

山岳リトリート、今年の初夏から定期的に開催予定です。

詳細はまた告知しますね。

 

山に行ってみたいけど、ひとりでは無理!なあなた。

ちょっとしたチャレンジをして、自信をつけたいあなた。

都会で疲れて、癒されたいあなた。

 

さあ、私とチャレンジしない?

 

参加者の体力やお住まい、ご都合に合わせて

アレンジもいたします。

また、ご希望の方には

ライフコーチングのセッションを

オプションとして追加いただけます。

 

 

さて、先日から開催している、こちらの「シングルだいじょうぶ会」

たくさんのお申し込みをありがとうございます。

 

原則金曜日夜ですが、日によっては他の曜日や時間帯もお受けできます。

LINE@からご登録くださいね。

 

ラブラブシングルだいじょうぶ会ラブラブ   
毎週金曜日 夜22時〜22時30分 
参加費:無料 
対象者:シングルマザー予備軍、シングルマザー、元シングルマザー
    パートナーシップや家族に関して葛藤がある人すべて  

 

お申し込みは、LINE@から

あなたと私の1:1でメッセージのやりとりができます。

今はだいじょうぶ、というあなたも

いつか話したいかも、というときのために、私とつながってくださいね。

メッセージには必ずお返事します。

友だち追加 

「私が負けるわけがない」の意味

令和になった5月。

今日は特に、
改元のお祝いモードになれないあなたや、
令和になったところで、つらい日々が終わるわけでもないしと思っているあなたに書きたいと思います。

平成元年のとき、私は12歳。小6でした。

つまり、私は中学生時代から2度の結婚生活を
平成の時代の中で過ごしたわけですが

順風満帆とはとても言い難い日々でした。

思い出は、いいことしか残らないとも言いますが、
私にはどうしてもそうは思えなくて

自分の能力というものに限界を感じた10代
何かに焦っていた20代
「どうして私は、”普通” に生きられないんだろうか」と思っていた30代

楽しい思い出の中にも、そんな苦悩の思い出もまだしっかりと
そこに鎮座していて。

シングルマザーを選んだ頃は
娘が成人するまでは頑張るけど、老後のことなどどうでもいい、
と、刹那的に生きていました。

個人年金だとか、全く考えたこともなく!

ただ、私は娘を愛していた。

それだけは言えます。

 

お金もないのに、娘には、アウトドアの経験をさせたくて
予備のお金も持たず(持てなかった)
幼い娘を連れて、北アルプスの山に連れていきました。

 

持っていった食糧も尽きて、
かといって、山小屋で食べ物を買うお金も足りず

娘にはなんとか食べさせ
空腹をガマンしながら山歩きをしてました。

(アホか、という感じです。お金も食糧も十分に持たない山行なんて危険すぎる。
でも、最高の思い出。)

 

気づけば、40代に突入。

縁があり、再婚をしましたが、その時も大変でした。

家族とは膠着状態が続き、
私が一生独身でいることが、
両親にとっては一番望ましいことなのかもしれない
そう感じることも多かったです。

シングルマザーさんとお話ししていると
再婚した私のことを、たまにうらやましがれたりもします。

ありがたく気持ちはいただきますが、
でもね、再婚、即、幸せ ではないのですよ。

再婚したって、いろんなことがあります。

もちろん幸せや安心を感じられますが、
感じられないときだってあります。

結婚って、

配偶者、子ども、親・・・

生々しい人間関係、そして日常の生活そのものなんですから。

↑キャンプで焚き火。炎を見つめること数時間。

 

ただ私は、たとえ泥の中にいても

そこから蓮の花を咲かせることができる自分であると

どこかで信じているんです。

 

例えるならば、私はエレカシのこの曲でいう

「私が負けるわけがない」

というのに通じるものがあると思っています。

(マニアックで恐縮です)

 

負けるって、失敗とか撤退とか、そういうもんじゃなくて

コテンパンにやられても

なお自分が自分でいること

 

私はそう思っています。

 

 

「悲しくって泣いてるわけじゃあない

 生きてるから涙が出るの」

 

本当によく泣いた平成でした。

離婚後なんて、本気で一生分の涙を流し、

枯れ尽くした感がありました。

 

でも、枯れることはなかった。

おそらく、令和の時代も私は泣くことが多々あると思う。

 

ただ私は、純粋に悲しいだけでは泣かない。

悔しさ、自分への期待、決意、覚悟、いろんな感情が混ざっている。

それが、泣き虫の私が生きてるってことだからね。

 

シングルマザーのあなたが、もし苦しんでいるなら

私とつながってください。

そんなあなたとお話がしたいのです。

そのために「シングルだいじょうぶ会」を企画しました。

 

シングルだいじょうぶ会に込めた思いはこちらを

ラブラブシングルだいじょうぶ会ラブラブ   
毎週金曜日 夜22時〜22時30分 
参加費:無料 
対象者:シングルマザー予備軍、シングルマザー、元シングルマザー
    パートナーシップや家族に関して葛藤がある人すべて

まじかるクラウン参加ご希望の方は、まずLINE@で私と繋がってくださいね
   ↓
まじかるクラウン日程はLINEのやりとりで決めましょう

   ↓

まじかるクラウンお約束の時間になったら私に電話をください。

  30分お話ししましょう。

時間超過に伴う代金発生はありません

 

お申し込みは、LINE@から

あなたと私の1:1でメッセージのやりとりができます。

今はだいじょうぶ、というあなたも

いつか話したいかも、というときのために、私とつながってくださいね。

メッセージには必ずお返事します。

友だち追加 

自虐がダメな理由

フタが取れて、私の足の親指に落下!
 
久々にものすごい痛みを味わいましたえーん
ちなみに、ホウロウなのでけっこう重いです。
 
夫もとても申し訳なさそうにしていて
 
まぁ、たしかにかなり痛かったけど
包丁でなかったからよかった。
 
昔、袖口に包丁が引っかかって、床に包丁を落としたことがあります。
ケガはなかったけど、
もし足に包丁が落ちていたらと思うと
恐ろしい
 
娘がこんなことを夫に言いました。
 
「私のママなんだからね!ケガさせないで!」
 
夫もしゅんとしてしまい…
2人をなだめつつ、
 
「私、大丈夫だから!
包丁じゃなくてよかったよ。
でも痛いから病院行ってくるね!」と。
 
 
で、今朝は整形外科へ。
 
桜の木、春までもうすぐ🌸
 

結果は、

レントゲンではっきりとは見えないけど、
骨に、ごくごく小さなヒビ。
 
しばらく酷使せずにしておけば治ります、とのことで
私はこれからお仕事です。
 
 
昔、私は、「自虐」が正しいと思っていたことがありました。
 
自分は常に後回しで
自分のことはどうでもいいという姿が
人として「良い」のだと
勘違いをしている節がありました。
 
過労で倒れるとか
滅私奉公が、
ある意味美しく感じたりもすることがあったけれども
 
 
でもそうじゃないんです。
 
 
私がケガをすれば悲しむ人がいる。
 
ただ、そんなシンプルな事実が
自分を犠牲にすることを美しいとさえ感じていた私を
自分も大事にする私、
に変えてくれました。
 
 
最高の人間関係ってどんな感じでしょう?
 
例えば赤ちゃんとお母さん。
 
生まれてきてくれてありがとう、と、
お母さん大好き、の関係。
 
例えば、結婚式での新郎新婦。
それぞれが、あなたに出会えたことが嬉しいって思ってる。
 
例えば、大好きな友達と。
楽しいね!が交錯している関係。
 
そこに、自虐という要素は皆無。
 
だから、自分が発振したものが
そのまま自分に返ってくるというのは
おそらく本当なのでしょう。
 
あなたが大切にしたい人がいるなら
あなた自身も大切に。
 
大切って抽象的だけど、
あなたが感じていることを無視しないってこと。
 
 

りんご人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。

りんご何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを

応援させてください。

 

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら
 
 
 

大人って、自分の選択ができること

成人式の日、外出していたら
華やかな振り袖姿の方をたくさん見ました。

それを見て、気づいたんです。
私、着物が好きだ!!

やっぱり娘の卒業式には着物着ちゃおうかな!と密かに決意。

実は、私は成人式には出ていません。
私は浪人中で、センター試験を控えてました

成人式は出ませんでしたが、
大学の卒業式で、袴を、
大学院修了時に、振り袖を着ました

実は、私の父は
華美なものや
着飾ることを良しとしない人でした。
七五三には着物を着させてもらえず
成人式の着物についても、いい顔をしませんでした。

昔は、そんな父の影響もかなり受けていて
派手な服を着てはいけないという思い込みがあったように思います。

でも、父は父、私は私。

父の好みに合わせる必要はない、
という、当たり前のことに気づき、
自分の選択ができるようになったのは
やはり成人になった頃だったように思います。

そんな父とはいえ、時は経ち
孫娘の七五三の着物姿にはメロメロでしたが 笑

 

大人ってなんだろう。

定義は人によってそれぞれ違うし、
一言で済むものではないけれど

親も自分と同じように
不完全さや未熟さを持つ
ただひとりの人間だということを知ること

親のための選択でなく
自分の気持ちに沿った選択ができるということ。

そんなふうに思います。

親の望んでいるであろう選択を
しようとしていませんか?

あなたは、本当はどうしたい?

わからなくなったら、
ライフコーチがあなたの助けになると思います。

人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。
何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

 

まじかるクラウン人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。

まじかるクラウン何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを

応援させてください。

 

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら
 

効率の悪い人生を愛して

我が家は、ステップファミリーで
決して広くはないマンション暮らしですが
けっこう仲良く暮らせています。

穏やかな夫のおかげです。
ツンデレ思春期娘と、ちょっと気性激しめの私がいるのですから。

でも時には、一人になりたい時もあるので、
そんな時は、ちょっと出かけて
秘密のひとり時間。

 

 私も40代に入って
40代女の人生を、いろいろ考えることもあり…

40代女を表現した、鋭く深く突いてくる題名でした。
「甘いお菓子は食べません」

写真に載ってないけど、この本の帯にはこんな言葉が。

 

妻として、母として、女として、不完全。

効率の悪い人生を、愛せたら。

 

40代に入った私の
解決のしようがない葛藤や
己の不完全さを
否定も肯定もせずに
じっと聴いてくれているような感じで
(コーチングのコーチみたい)

ハッと気づくとコーヒーは冷めていました。

私はライフコーチとして
効率の悪い、あなたの人生を
深く愛しています。

まじかるクラウン人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。

まじかるクラウン何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを
応援させてください。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

義理のお母さんの笑顔

元旦、私は夫の実家で過ごしました。

夫の母は、1年以上前に転倒して骨折して入院。

その間にもいろいろなことがあり、ずっと病院や附属の施設で
過ごしてきました。

昨年お見舞いに行くと、
夫(つまり義母にとっての息子)の名前を間違えて呼ぶこともあり
つじつまの合わない話をしていたり
住んでいた家のことも忘れてしまったり
このまま認知症になってしまうのかな・・・と
寂しく感じていました。

にこやかだった義母が、
長い入院生活でだんだん笑わなくなってきた、
そんな印象がありました。

そして元旦、一時帰宅ができるとのこと。
私たちが実家に着くと、
本当に久しぶりに、居間の椅子にお義母さんが座っていて
「おかえり〜」との声が。

この一年、その椅子には誰も座ることもなくてね。

みんなでお寿司とカニをいただきました。
そして、本当に久しぶりにお義母さんの笑顔を見ました。

最初に、この家に私が娘を連れて来た時、
夫の母に会うのはやっぱり緊張や不安がありました。

だって、いい歳をした息子が、バツイチ子連れの私と結婚するなんて言い出して
驚かないはずがない。

なのに・・・
お義母さんは笑顔で私と娘を迎えてくれたんです。

そんなことを思い出しながら
最後、再び病院に戻るお義母さんが車の中から
笑顔で手を振っているのに、私も笑って手を振り返していました。

「もしかしたら、こうして会えるのは最後かもしれない」

2年前、突然父を亡くしてからは
特にそう思うようになりました。

もし、会うのが最後だとしたら
あなたはその人と、どんなふうに接しますか。

 

プライベートすぎてブログでは書けないことはメルマガで書いてます。
よかったら登録してくださいね。

【あきらめから幸せな人生を作り直す方法】の購読申し込みはこちら

 

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。
逆に言うと、何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを
応援させてください。

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら