私の心の中の石ころ ワルな娘の話

本来の私なら、一番ワクワクする、夏の到来。

ただ、今年はちょっといろいろあり
今は心の中にちょっとした石ころがあって、
その石ころがなかなか外に出てかない。

そんな感じです。

娘が「悪いこと」をしたという話を書きましたが、
先生からのその電話はこんなお話でした。

塾で行われた、小テストのお話。
「隣の席の子と、回答が同じで、
間違っているところまで一致していました」

・・・そういうことです。要は、カンニング疑い、です。

その件で、私も直接先生に会いに行きましたし
もし、「疑い」が「真実」ならば、
ということで、先生とお話をしました。

その後の一週間は、「疑い」となる行動はなかったそうですが。
でも、一度でも、こうして疑われたということは
ほぼ真実なのだろうか、
「疑い」である可能性にしがみついたほうがいいのか。
「真実」と判断したとして、じゃあ私は
どう娘と向き合えばいいのか。

ずっと心の中に重い石が置かれている感じですが、
それは事実として、これからもその状態を受け入れていこうと
そんなことを考えました。

靴の中の小石に気づいていながらも
そのまま歩き続ける、ということ。
だって、その小石、今捨てるわけにはいかないから。
娘と向き合って、この話をしたら
その小石を捨ててもいいって思えるかもしれない。

でも、私の心の中の石は、しばらくの間は
ずっとそこに居続ける、そんな予感。

そんな日々を過ごしていたら
週半ばには、私自身が、扁桃腺炎に。
久しぶりの高熱で寝込みました。

寝込んでいた日は、
娘はあれこれと動いてくれたり
優しい言葉をかけてくれたりと
してくれました。

そんな姿を見ながら、カンニング疑いのことを考えている私。

そういえば、
問題集の解答をすぐに見る癖があったなあとか
作文は、事実よりも内容を「盛って」書くことがあるよなあ、とか

久しぶりに、
ただただ、1人の母親として
悶々としていました。

じゃあ、私は、すぐに正しい答えを求めていないだろうか
楽をしようとしていないだろうか、とか。

いろんなことを考えて、行き着いたところは
やってしまった悪いことは、なかったことにはしない
ということ。

娘を信じないわけじゃない。
もし、もしもその疑いが真実ならば。

悪いこと、ずるいことをする娘が
私の娘であるということ。
そして同時に
優しい心を持った娘でもあり
それが私の娘であるということ。

いろんなものすべて包含して
私はただ娘を愛するしかできない。
そんなことを思いました。

成績が良くなくてもいい、
でも、勉強に何らかのおもしろさを見出してくれると
私は嬉しい。
あなたが思っている以上に、世界は広く、
あなたの見ている世界は、思っている以上に深い。

目の前の点数なんか、気にしてほしくない。
進みたい道を、自分の力を信じて、自分で切り拓いてほしいんだよ。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

子連れ再婚を選んだ、クライアントEさんのご感想

「クライアントは、自分で答えを出し、決断し、前進する力を備えている」

これは、私がライフコーチングを学んだスクールのフィロソフィーのひとつ。
ライフコーチ としてクライアントさんに向き合う時、
私はこの姿勢でいます。

先日、クライアントEさんが、8ヶ月の私のライフコーチングを受けてくださり
卒業されました。
ご感想を頂きましたので、ご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セッション開始時:30代シングルマザー Eさん

今までセッションありがとうございました。

シングルマザーでの彼との交際期間から
再婚した今までかやさんにお付き合い頂きました。

シングルになってから我慢する事が増えたせいか、
自分でも気づかない我慢をしてたんだな…と
セッションで、気づかされることが多かったです。

本当の声に耳を傾けるというのは簡単なようで難しかったです。

しかし、かやさんに話しをすると自分の気持ちが固まっていくのは
セッションの凄いとこだと思いました。

(以下略)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

当時Eさんは、3人のお子さんがいるシングルマザー。

営業職で、やりがいを感じながら
仕事にも、子育てにも、お金のことにも、
しっかりとした自分の信念をお持ちでした。

再婚予定の彼氏と、このまま再婚していいのか悩んでいる、
ということでした。

何を大切にしていきたいのか?
本当はどんな気持ちなのか?

それに共に向き合ってきました。

私は、Eさんの思いに強く共感したり
時には、仕事に対する姿勢に尊敬したり
子どもへの愛情深さに感動したり・・・

ひとりの女性として、大きな刺激を受けましたし、学ばせていただきました。

結果的に、Eさんは、彼と再婚することを選びました。

引っ越し、苗字変更の手続き、子どもの転校、進学・・・
そして、ご家族の入院など、いろいろなことがありました。

そして、再婚後は、家族のことや仕事のことをテーマに
セッションを重ねてきました。

ライフコーチは、再婚を勧めたり、逆に反対することもしません。
どちらの選択をしようが、私は全力で彼女を応援したと思います。

本当の気持ちは何なのか、
本当はどうしたいのか、
ライフコーチングは、それに気づき、自分で答えを出し選択するための、サポートです。

Eさんはそれができる人だと
私は誰よりも信じて、Eさんと対話をしてきました。

結婚して、安心感を感じるようになった。それでも、
夫婦でぶつかったり、親子でケンカしたり・・・

言いたいことを飲み込んでしまったり・・・
いろいろなことがあります。

最後のセッションの時、
私はこんな問いかけをしました。

「夫婦で幸せだったことはありましたか」
「家族で幸せだったことはありましたか」

Eさんの声はとても力強かったのが印象的でした。

現在、転職活動中のEさん、
さらに営業職としてステップアップしていくことと思います。

これからも応援しています。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

ステップファミリーだから、子どもの悪事は私の責任?

前回のブログで、子どもが悪いことをして
先生から電話があったことを書きました。

夜、夫にも話したわけなのですが。
一瞬、ほんの少しだけ
夫に話すのをためらう気持ちに気づきました。

私の娘の悪事は、
夫からは少し遠い位置にあるような気がしたんです。

私の娘が悪いことをしたことに対し、
もしも、親としての責任があるとしたら・・・

私が9、夫が1くらいなのかなって
いや、
私が6で夫が4くらい?
割合なんて、全然わからないけど
私の方が責任として重い気がしました。

そして、こんなことをする子どもの母親として
夫はどう私のことを見るのだろうか・・・って。

一瞬、一瞬だけ、そんなことを思いました。

血の繋がった両親の子どもが、何か悪いことをしたら
何となく、親の責任としては両方均等にあるような気がするけど

娘と夫には血の繋がりがないから
親の責任としては、夫よりもはるかに私の方が重い、そんな気がして。

実際には、そんなことは全然ないんですが。
ああ、また「母親として・・・」とか思ってるね、私。
って、思いました。

夫は、娘を本当の娘として接しているし行動している。
それは、いつもいつも私が感じていること。
そして夫は、娘がいくら悪いことをしても
娘を注意することはあっても
私を責めることなんて、微塵もなかった。

「血の繋がりなんて関係ない」って思っていたはずの私が
一瞬でも、血の繋がりのある私の責任が重い、と思っていることに
ちょっとした驚きと戸惑いを感じました。

いやいや違う、
私たちは、何ら特別違うこともない、普通の家族。
違うとしたら、初めから家族だったわけじゃなくて
これから少しずつ家族になっていくということ。

そう思って、
娘が寝たあと、夫に話を切り出しました。

夫は、私が思った以上に真剣にきいてくれて
ああ、話してよかった、そう思いました。

そして、私とはまた違った見方もしていて
そこは、さすがだなぁと。
夫は、少し客観的に私と娘を見ることができているようでした。

客観的に見られるのは
血の繋がりがないから?
私たちが、ステップファミリー だから?
そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

でも、そんなことはどうでもいいじゃないか。

そして、ゆっさゆっさと揺れていた私の心は
風に吹かれる木の枝くらいの揺れにおさまって

そして今日は、だいぶ落ちついて、
娘の先生とお話しすることができました。

それにしても、いろいろやってくれます、我が娘。
娘を通して、自分の在り方を問いかけられているようです。

今回の件では
久しぶりに夫ともゆっくりいろいろ話ができた。
これでまた、私たちはさらに「家族」になっていける。
そんなことを思いました。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

子どもがした「悪いこと」

子どもが学校などで、何をやらかして、先生から電話がかかってくる。
学校に呼び出された。
子どもを連れて、相手方のご自宅に謝りに行った・・・

皆さま、いろいろな経験があると思います。

私もです。
先日、娘のした「悪いこと」で、先生から電話がかかってきました。
小学生になってから、これまでで3回。
低学年、中学年、高学年で1回ずつか…

3度目の今回
やっぱり最初は、揺らぎました。

・・・・・・・・・・・・

これは、中学生のこどもがいる友人の話。
その友人の娘が、親に黙って、塾をサボってどこかで時間を潰して
何食わぬ顔で帰ってくるという…
塾の先生から電話があるから、親にはもうバレバレ。

友人がこう言っていました。

子どもはね、親がやってきた悪いこと、片っ端から再現してくれるわ~~

私も昔、よくサボってたのよね。

・・・・・・・・・・・・

我が娘が今回やらかしたことは、また別のこと。

ここでは書けませんが、れっきとした悪いこと、です。

子どもの悪事を目の当たりにすると
自然と、自分はどうだったんだろうかと
振り返る。

私はといえば。

先生から親に連絡がいったことは多分なかったと思いますが、
悪いことしなかったのかと言われると
そういうわけじゃない。

でもね、
私自身の中にあるズルさ、弱さ、ラクをしたい気持ち

そういうものに
娘を通して、
再び出会ったような気持ちになる。

母親として感じること、今後の対応に対する考え
娘の先生へ、伝えました。

まだ解決はしてないけど
揺らぎかたが、前とは違って、
ゆっくりした感じになっているのを感じました。

コーチングに関わるようになって
自分に免震構造が付いたな、と思った。

強くなりたいと願い続けた私は、
ようやく少し強くなれたかな。

さて、ゆっくり揺らぎながら、私は明日も

娘と自分、両方に向き合っていくことになりそうです。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

亡き父の、携帯メール

父亡き後、
母は何かというと、すぐに父のことを言い出す。

お父さんは、ああだった、こうだった…
子どもの教育費に関して、グチなんか言ったことがない
自転車のパンクなんて、自転車屋さんに持ってかないで、すぐ治してくれた


ときおり、イライラすることもあった私。
「私とお父さんを、比べないでよ」「旦那自慢!?」
でも、言葉に出すことはなかった。

まだ父の携帯は生きていて、解約はしていません。

両親の携帯は私名義になっていて、決して高い金額ではないけど
そろそろ父の分は解約を…と思っていて。

時折、父の顧客から電話がかかってきたりもするけど
亡くなってからもう9ヶ月。

少しずつその頻度は少なくなりそろそろ解約しようかな、と。

たまに、電車遅延情報や豪雨のアラートメールが届いたりしている。

ある日、仕事帰りに母のところに寄ると、ちょうど父の携帯が鳴った。

メールを開くと案の定、電車の遅延情報のメール。

そのメールを、削除して、受信フォルダに戻ったとき

目に入ったのが、母から父に来たメール。
あれっと思ってよくよく見ると、受信日は先月。

亡くなった後だ…

もう父が読むことはない携帯に、母が送ったメールにはこう書かれていました。

「いったい、いつ帰ってくるの」

まだまだ母の悲しみは深くて

たぶん、まだ死が信じられなくて

なかなか帰ってこない、いいかげん帰ってきてよ

そんな気持ちなんでしょうか。

やはり、解約は今はやめておくか、と思い、
次の更新時期まで待とうと思って帰ってきました。

それにしても…私が子どもの頃、両親は不仲でした。

子ども心に、離婚してくれ、と思っていました。
お母さんをいじめるお父さんは嫌いだと思っていた時期もありました。

なのに、

今も欠かさず、食事を父の遺影の前に供えたり、好きだった焼酎を供えたり

夫婦愛っていったい何なんだろうかと
私はとても不思議に思っています。

何十年と長く共に生きた2人は

おそらく私の理解を超えたなんらかの強い絆があるんだろうなと思っています。

結婚生活の浅い私には、たぶんわからないことかもしれないけれど、

いつか何かがわかる瞬間があるのかもしれない、

死を乗り越えるために、無理することも急ぐ必要もないよね。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

洋服のこと 今日、約10年ぶりにスーツを買いました

今日、約10年ぶりにスーツを買いに行きました。

私がスーツを着る機会は月0〜3回くらい。
なので、10年前に買ったスーツがまだ普通に着られたりします。

そんな着用頻度なので
春、秋、冬用1着、夏用1着だけ持っていました。

どちらも、購入したのはシングルマザー時代、当時は入社2年目か3年目くらい。
経済的余裕もなく、
ある程度のレベルの服を買う許可も自分には与えられず。

1着は地元のイオンでバーゲン品を購入。
夏用の1着は、スーツ専門店でしたが、やはりバーゲンで購入。
気に入った服、じゃなくて、
みっともない程度に安い服を選ぶべき私。
そんなセルフイメージだったんだと思います。

その夏用のスーツを先日着ました。8年目か9年目か。
なんだかその時、スーツがやけにくたびれて見えました。

スーツだけのせいじゃない。
靴は、足に合わないヒールをやむなく履いている私。

そして、よくよく見ると、
インナーと靴の色、合わない!

すごくみじめな感じがしました。
そこで、一大決心をして、スーツを買い換えよう、そう思ったのでした。

古いスーツを布資源ごみにしました。
改めてそのスーツを見ると、やはりかなりくたびれた感じでした。
洗えるスーツだったけれど、首元も少し薄汚れていて。
でもそこで感じたのは、
「今までありがとう」という気持ちでした。

安物のスーツだったけど、
これを着て、社会に再び復帰できた喜びを感じていたなあ。

新しいスーツ。
自分の好きな色を買いました。
なんだかとても嬉しかった。
これを着る日、どんな気持ちになるかな。
そして、新しい靴も買おう。そう思いました。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

「あきらめる方法を知りたい」初めて人に話す、不妊治療のこと

先日、ライフコーチ 有志での勉強会に参加して、
先輩ライフコーチ のセッションを受ける機会に恵まれました。

セッション時間は15分。
・・・何をテーマにしよう?

私にもコーチがいますが(通常、コーチもコーチをつけます)
そのコーチにもあまり話さなかったこと。
とは言っても、話したい、とも思ったことはあまりなくて
でも、胸の奥にいつもある、あの件。

それは、不妊治療のこと。

4ヶ月くらいかな・・・不妊治療のため通院していました。

結果がダメだとわかるたびに落ち込んで。
毎回、落ち込むのが嫌だから、先手を打って、計画しておくんです。

飲み会、とか、家で夫とワインを飲もう、とか、
気分が変わるように美容院、ネイルとか。
あとは自分のコーチとのセッションとか。
ちょっと遠出するとか。

そんな簡単に赤ちゃんできるわけないじゃん、
私40歳だし。婦人科疾患もあるし。
もういいかげん、あきらめないと。
1人子どもがいるだけでも幸せなことでしょ?って。
ましてや、私には、今、夫がいる。
あれほど心から望んだ、「再び家庭を築く」が現実になったんだから。
これ以上望んだら、バチが当たる?
あきらめちゃえば、そんなに落ち込まないでしょ?

いろんな思いが交錯するんです。
大事なのは「期待しないこと」
そんな風に、自分に言い聞かせるわけ。

「第二子が欲しい」その気持ちはあるけど
カレンダー見て、いろいろ計算しない。
手放そう、って言い聞かせるの。

今は41歳になった私。
最後に1回だけ、体外受精にチャレンジしてみようか?
「どうせ無理だから」やめておく?
そのお金で、家族でどこか旅行にだって行けるよね。

「どうせ無理」なんて、今の私の辞書にはないと思っていた。
だって、挑戦することを生きがいにしている私。
クライアントさんを応援するライフコーチ としての生き方を選んだ私。

その私が「どうせ無理」「あきらめなきゃ」「期待しない」
なんて表現を使うことに改めて驚いた。

勉強会でのセッション練習。
最初はたった15分、一体何をゴールにするんだろう、
そう思いました。
でも、そこはライフコーチングの威力。
話して、それを聴かれることによる、自分の心の変容。

「セッションの、残りの時間をどう使いたい?」

そう尋ねられ
「あきらめかたを知りたい」 って言った私。

でも、セッションが終わってみて
4か月、不妊治療を仕事の合間に受けていた私を
自分で認められたような気持ちになりました。

自分で選択して、自分で行動してきたんだなあって。
もちろん、赤ちゃんを授かるって、もう神様の領域のことと思っています。

これからのことも、自分で選択して、自分で行動していこう
そう思えました。
そしたら、「どうせ」なんて思わないで
第二子が欲しかった、という気持ちを昇華することができるかしら。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

12歳、思春期娘への告白

先日、娘の誕生日でした。

12年前、産んだ時は、これから一体どうなるんだろうか
私は社会復帰できるんだろうか

いろんな不安がありました。

でも、「この子を育てる。私は、働く。」そう決めていました。

今だからこそ言えることですが

不安でもなんでも、決めればなんとかなる、

そう思っています。

でも、時にはかなり揺らぐ事がありました。
精神的に不安定な私なんかに育てられるこの子は
幸せになるんだろうか。と。

お父さんというものを知らなかった娘と共に生きてきて
私はいつも複雑な気落ちを抱えていました。

娘へ。

私は、自分自身に猛烈にイラつく事がありました。
自分で決めた離婚なのに。
自分でシングルマザーを選んだのに。
なんでこんなことになっちゃったんだろう。

私のそんな気持ちがどうにも持て余していたある日、

まだ赤ちゃんだったあなたを
乱暴に床に置いたことがあります。
あなたは泣きはしなかったけれど、
イラついた私の気持ちをそのまま
柔らかくて、小さな体のあなたにぶつけてしまった。

虐待ってこういうことから始まるのかもしれない
一瞬そう感じました。

あなたを叩いたりすることは一度もなかったけれど
この時の私を思い出すと
今も心の奥がグサリときます。

でも、いつもあなたが幸せであるように
願っていました。

もう来年は中学生。
自分の人生を、自由に生きてほしい。

あなたはたぶん、私の背中を見ているだろうから
私はこれからも挑戦し続ける。

そう思った誕生日でした。

12歳おめでとう。

・・・・・・・

難しいと言われる思春期の女の子。
ここには書けないようなことも、いろいろあります。

でも、いつでも私は、あなたを応援して

私の赤ちゃん、私の娘、というよりは

この世界で出会えた、ひとりの人間として

残りどれだけの長さかわからない、一緒に暮らす時間を

大切にしていきたいと思います。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

「連れ子」の娘と話したこと

今日は娘の授業参観に行ってきました。
チラチラとこちらを見る娘、
友達と笑っている娘を見て、
よかった・・・と安心した気持ちで帰ってきました。

ここ数日、私が重い気持ちになっている原因の1つは目黒の幼児虐待の事件

これはきつかった。
どうしたらよかったのか。どうしたら、こういうことが今後起きないのか。

よくある意見に、「母」でなく「女」になった親が悪いというもの。
これ、私は頭にきます。
女性としての自分、母としての自分。
シングルマザーならば、女性としての自分を捨てよというのか。
自分で捨てるならいい。でも、誰かに言われる筋合いはない、と思うんです。

配偶者を、パートナーをきちんと選べること、
そして、そのパートナー選びを間違えてしまった、そんな時
こんなことを言っては元も子もないのかもしれませんが
絶対に必要なのは「お金」「仕事」。

この事件のお母さんの言葉「自分の立場が危うくなるから・・・・」
きっと、他に頼りにできる人がいなかったのだろうし
収入もまとまった貯金もなかったのだろうと思います。

うっかり、結婚した相手の男が変だとわかったら
かつて全力で愛し、守ると誓った、自分の大切な子どもを
虐待する男だとわかったら
その男と別れるだけの
当面の生活費があれば、そして、仕事があればよかったのに。
最低限、それが実現できるような補助があれば・・・そう思いました。

自己責任?
確かにそうですが、子どもには何の罪もない。

・・・・・・・
我が家の娘もそのニュースに対し、思うところがあったようです。

なぜなら、犠牲になった女の子のお母さんは、
その女の子を連れて、結婚した。つまりは
その女の子と私の娘は、ある意味同じ立場である「連れ子」なのです。

この子、かわいそう

うん、放置死って書いてあるけど、殺人だよね

お父さんは、こういうことしないね

しないよ。そもそも、ママはそういうことするような人とは結婚しないし
虐待するような人だと分かったら、また別れるよ。

でもさあ、どうしてそういうことしない人ってわかったの?

これっていう出来事があったわけじゃないけど、話す言葉からかな。
たぶんお父さんは、ママたち親子のことセットで好きになってくれたんだろうね。

セット?どういうこと?

別々にできないってこと。2個セット。
子どもと私を切り離すことはできないってこと。子どもがいて、これまでの経験があったからこそ今のママができあがったってこと。
この人のここは嫌いだけど、ここは好き、っていうんじゃなくて、
ダメな部分も全部ひっくるめて、その人が好きっていうのと同じなんじゃないかな。

ふーん。

(気の利いたことはまるで言えず!)

・・・・

思春期だからと言えばそうなのかもしれないけれど
突然できた父親に対して、時折、生意気な口を聞いたり、態度が悪い娘。
翌朝は、「普通」でした。

授業参観、ちゃんとした服で来てよ!あのTシャツは着ないで!
などとあれこれ言う娘と「ハイハイ」と答える夫を見ながら、
私たちは、たぶんこれからも大丈夫だろう・・・と思えました。

そのために、私は、自分がライフコーチ としての生き方ができているかを
常に問いかける。
ダメな時もあります。
自らの弱さで迷うこともある。弱いくせに喧嘩を売ることもある。
でも、大切なのはシンプルなこと。
大切な人に対して、言葉を大切に扱っているか。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

保育器から出てきた娘との対面#4

産まれた娘は新生児一過性多呼吸症候群で、
そのまま小児科入院となりました。
ようやく産んだのに・・・どうしてこんなことに。
この頃は毎晩泣きっぱなしで、常に目が腫れていました。
顔の手入れなど、する元気もなく、内面も外見も、ひどい状態でした。

一足先に私は退院となり、
1週間ほど、冷凍した母乳を病院に運びに通っていました。
精神科はもう行かない、と決めて、キャンセル。
そのまま終わりにしました。

ある日、娘に会いに行ったら、
保育器から出ましたよ、と看護師さんが言ってくれて
チューブも取れて、普通に抱っこができました。
そして、それまで会うときは、ほとんど眠っていた娘が
その時は起きていました。

その時の娘が、なんだかとてもかわいくて。
あまりのかわいさに、腰が抜けそうになりました。
妊娠中から母親の服用した薬の影響を受けて、
ひどい目にあってるのに
こんなにかわいい顔して私を見てる・・・
その時の写真です。

そして私は思いました。
いつまでも私がメソメソしていたら
一番大切なこの子を失ってしまう、と。
これから、娘の前で泣くのだけはやめよう、と決めました。

1人親で、こんな私に育てられるこの子は
幸せなのかわからないけれど、たとえそうでなくても、
とにかく私はこの子を育てたい。
そう思いました。

やっと「お母さん」として一歩踏み出せた瞬間でした。

あなたが一歩踏み出せたとき、それはどんなきっかけでしたか。

再婚を迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。

私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール