自分を知るということは、他者への理解を自分に応用すること

ドラえもんを作るには?

2017/6/26付日経新聞より一部改編抜粋)

ドラえもんを作るにはどうしたらいいか、
何ができたらドラえもんなのか?
それは「感情と記憶」がそのキーとなる。

さらには、実は自分の感情や心を認識する能力は、他人の感情や心を読み取る力を、自分に向けて応用している、という理論がある。

ヒトに心が生まれたのは、自分を観察できるようになったからであって、もっと言えば、それまでに祖先の動物たちが「他者を観察できる」ようになっていたことが前提にある(池谷裕二『単純な脳、複雑な「私」』)

とのこと。

自分のことを知るのは、結構難しいです。
自分がどう感じていて、どうしたいのかすら、よくわからないこともあります。

自分が大きく反応してしまうことに、その裏にどんな感情が隠れているか、真っ正面から向き合わないとなかなか知ることはできません。
敢えて自分を知ろうとしなくても世の中はやっていけますしね。

例えば、些細なことでカッとする人がいたとします。
ある一言で激昂する、など。

たぶん、その人自身、それについて何らかの不安、恐れ、悲しみがその裏にあるんだろうなと想像できます。

ドラえもんのことを考えていたら、娘に買った、ドラえもんの論語の本が目に入りました。その一説。

「子曰、朝聞道、夕死可牟。」
朝、人がどう生きるかを悟ることができたら、夕方死んでも後悔はない。

逆に言えば、

夕方あなたが死ぬとして、後悔はないか?
あなたはどう生きるのかを考え、そのように生きているか?

ということだと私は思います。

自分でない誰かの生き様、あるいは死に向かう姿勢、在り方を見て
自らも自分の生き方を考える。
他者あっての、自分。

他者とどれだけ関わり、自分を顧みることができたか
他者からどれだけ学び、どう生きるかを考えられたか
それが、幸せのひとつの指標になるのかもしれません。

★私のコーチングセッションのクライアントさんを募集しています。

扱うテーマに制限はなく、また、ビジネスでのコーチングのように明確な達成したい目標がない場合でも、コーチとのセッションは有用です。

あなたがより幸せを感じられる人生にするために、サポートさせてください。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッション

料金 10,000円/1ヶ月〜

お問い合わせはこちらから

死を思ったとき、ブログを公表しようと思った

私はニュースなどでショッキングな内容を見聞きすると、結構それを引きずってしまいがちで、

見ていてあまりにも辛いニュースはちょっと避けていました。

例えば、

子どもの虐待、シングルマザーの貧困と無理心中、若いお母さんの死など…

我が家にはテレビがないので、意図的にニュースを見にいかないとそのようなニュースは目には入らないけれど、

新聞やネットで、いくらでも情報は手に入ったりもします。

それで、先週金曜日のニュース。

有名人であろうがなかろうが、幼い子を残して逝くことの無念、遺された家族の気持ちは

軽々しく触れてはいけない。言及するには、あまりにも生々しいもののような気がして

私はひとりいろいろなことを感じていました。

ちょうどこの週末は夫の実家で過ごしたのですが、そこではじめてテレビで、海老蔵さんの記者会見を見ました。

子どもを残してこの世を去らなければならない母親としての無念は

自分にも重ねてしまいました。

もし、もしも、私がもうすぐ死ぬのならば。

気がかりなのはやっぱり娘のこと。

そして、血のつながらない娘を託した夫が、これから幸せなのかどうか。私と結婚して幸せだったのか。

それでも、娘は、夫のサポートで立派に成長して、すてきな女性になると信じてその時を迎えようと思います。

私は、この世を去る時にどういう言葉を発するのか。

私も同じく、「愛している」と言うだろうなと思いました。

あ、でも、たぶん夫より私が長生きするんだろうな

とも思ったり 笑

子連れ再婚は怖かったです。さすがに子どもを巻き込んでこれ以上失敗できないという恐れ。

さらに、これまで親同然にサポートしてくれた両親との関係。

ある意味自由気まま、何でも自分だけで決められるシングル生活を手放すこと。

こうしたらオッケーという基準も何もない、ステップファミリーという世界に

勇気を持って挑戦した自分。

だから明日死ぬとしても、後悔はないです。

もともと、コーチとしての私からの発信をするためのブログという手段でしたが、

死を思うとき、

私が書いているこのブログは私の生きた証として、書き続けておきたいと思いました。

シングルマザー時代の絶望と希望、そして再生。

子連れ再婚という挑戦。

そんなことを書いていきます。

本当は、私のことを知る人にこれを読まれるのがとても怖かったのです。

え?こんなこと言ってるよ〜 って反応されるのがなんだか怖くて。

でもね、それこそ思い込みかもしれない。

私は私。

誰かの目を気にして自己表現をしないのは、卒業します。

私は仕事のできるバリバリのキャリア女性でもなく、

ただ職人のように地味な仕事を、時には落ち込みながらも食らいついてなんとか勤続している仕事人です。

仕事の合間を縫ってコーチングを受け、学び、

コーチとしてもまだ駆け出し。

願った通りに新しく家庭を持ったけど、

朝が苦手なのは相変わらず。

家事もそこまで得意じゃないし。

でも、これが私。

決して特別でもない普通のアラフォーです。

でも、私自身がクライアントとしてコーチングを継続することで

本当に後悔のない生き方ができました。

一度自分の人生を諦めたくなった人が、少しでも幸せを感じて生きるためにサポートしたいと、私もコーチとなりました。

★私のコーチングセッションのクライアントさんを募集しています。

扱うテーマに制限はありません。

仕事、子育て、離婚、ひとり親、再婚、パートナーとの関係、家族との関係…

私がそうであったように、言語化できないレベルの違和感でもかまいません。

コーチをつける生き方は、必ずあなたの人生においてプラスになると信じています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッション

料金 10,000円/1ヶ月〜

お問い合わせはこちらから

 

シングルマザーは、何一つ、シングルではない

明日は父の日。
シングルマザーだった私は最初の8年間、父の日は苦痛の日でした。
苦痛の日は、何も感じないようにする日、にしていました。

スーパーによく貼ってある「お父さんの似顔絵」。
それを見ると、私は視線をそらせていましたし、娘と一緒の時は何となくその場をそそくさと避けてみたり。

そして9年目。ネットで見かけた記事でこの言葉を見かけて、涙。

There is nothing single about a single mom.
シングルマザーは、何一つ、シングルではない

私を呪縛し苦しめてきた「シングル」という言葉。
それは、自分の選んだ人生の言葉となり
同じようなことで苦しんでいる人のために、力になりたいと願い、
私はそのためにコーチングを勉強し始めた。

「シングルマザーは、何一つ、シングルではない」

なぜこの言葉で涙が出るのか??
シングルマザーの私は誰かから「よくがんばったね」「よくがんばっているね!」と認めてほしかったんだ、と気づきました。
そして、時折感じる「本当は寂しい」という気持ちも。
戦いのように日々を生きて、寂しさを紛らわす術も身につけていました。

日常生活で「私のこと認めて!」「私、寂しい!」なんて言えません。
平気な顔して、仕事をする。ちょっと辛くても、一晩寝たら、またシングルマザーの私の生活が始まる。

「シングルマザーは、何一つ、シングルではない」
シングルマザー9年目、この言葉のおかげで、
父の日を初めてお祝いしたい気持ちになりました。

父の日をどういう気持ちで過ごすか。

子どもから父親を奪ってしまったと、自分を責めるシングルマザーたちへ。
私は何度でも伝えたいと思います。

父親・母親両方の役割を担うあなたは
もはや何一つ、シングルではありません。
父の日、おめでとう。

そして、10年目。
再婚前、夫は「今までよくがんばってきたね」という言葉をかけてくれました。
そして、明日は、再婚して初めての父の日。
娘はどうするのでしょうか。見守りたいと思います。
家族は少しずつ家族になっていくもの。
娘にとっては生まれて初めての父の日です。

★子連れ再婚への不安・迷いのご相談をお受けしております。
http://wp.me/P8rcJ6-27

体に力を入れ続けていたシングルマザー時代の私

生まれて初めて鍼を体験しました。

なかなかよかったです!

鍼の先生から言われたのは、
とにかく体を緩めてくださいということばかり。
鍼には限らないのかもしれませんが、
東洋医学の先生は、問診で、それはそれはいろんなことを聞いてきます。

病歴、今の生活スタイル、食事とか睡眠とか…は普通かな。

子どもの頃の家庭環境
それが変化した節目
仕事のこと
家庭のこと
(こんなことまで…!)

他の理由で鍼を受けることにしたのですが、
施術後、肩こりが見事に消えていることにびっくり。
肩こりがない状態って、こんなだったんだ!!って。

なぜこんなに体を緩めろといわれるんだろう?

シングルマザー初期の頃の、こんなことを思い出しました。

離婚後就職してしばらくたってからのこと。
ある朝、通勤途中、若いお父さんが赤ちゃんを抱っこしていました。
それを見た私は膝から崩れ落ちそうになるのを感じました。
本当にへたりこむわけにもいかず、持ちこたえましたが、
体に力が入らなくなりました。

子から父親を奪ってしまった、
と自分を責めながらも、私にできるのは、まずは働いて稼ぐこと。
まだ1歳にも満たない娘を保育園や両親に預け、ひたすら働いていた頃でした。

もちろん保育園で若いお父さんを見る事は何度も何度もありました。
週末の公園にもたくさんいますしね。
当時は、そういったお父さんや家族連れを見るのがいやで、
なるべくなら避けていましたし、
そういう場に行っても
敢えて周りを見渡したりせずに過ごしていました。

若いお父さんを見るたびに膝から崩れ落ちるわけにもいきません。
知らない間に私は体に力を入れ続け、常に体をこわばらせていました。

そうでないと、笑えなかったから。 

確かに、シングルマザーとしての10年間私は常に力を体に入れていました。
それは家庭環境やプライベートのことを私には聞かないでといったバリアでもあり
父と子の幸せそうな光景を見ても、そんなこと気にしない!と自分を振るい立たせるための手段でもあり
寂しさを感じないように、元夫への怒りに転化することでもあり。

私1人で育てなきゃいけないだから、
稼がなきゃいけないし、職場でも評価されなければならない。
そして、お父さんがいないから…と言われないように、子どもはちゃんと育てなきゃいけない
教育も、両親揃っている普通の家庭と同じレベルで受けさせなければ
そして、私は、この子を父無し子にさせた責任をとって、
子ども最優先で生きなければならない

と、それはそれは
勝手に自分で自分を縛り付けて生きていました。

さすがに、鍼の先生にはここまでは話しませんでしたが、
その先生曰く、
体の臓器はいろんなことを記憶している、と。
要は、長期間にわたる緊張状態による臓器への負荷が、
今も残っているという意味なのでしょう。

体を緩めるために、いったいどうすればいいのかわかりませんが、
自分の心地よさを追求してみようかと思っています。

着心地の悪い服を我慢して着ない

足が痛くなる靴を履き続けない

花屋に寄って帰る

仕事中、ときどき深呼吸する

このくらいのことから、始めてみようかと思います。

★子連れ再婚への不安・迷いのご相談をお受けしております。
http://wp.me/P8rcJ6-27

 

家族を大事にするために、自分が発する言葉を大事にする

私は、洋服のレンタルサービスを使っています。
air closet

洋服を買いに行く時間がないし、自分自身のセンスにも自信なし。
もっぱらネットショッピングなどの通信販売を使っていましたが、こちらのサービスは、自分では選ばないような服が時々入っていたりと、ワンパターン・マンネリになりがちな私にはとても助かっています。

会員用のページに行くと、今回レンタルされる洋服について、スタイリストさんからの言葉が入っています。

例えば、こんな感じ。
「フレアスリーブのブラウスは女性らしい印象に。フレアスカートでフェミニンに、ワイドパンツで甘辛ミックスな仕上がりになりますね。インナーは同系色やボトムスの色に合わせるのが◎。」

当たり前ですが、どんな服もこんな感じでベタ誉めです。
実際届いた服を見ると「うーん、私にはちょっと・・・」と言うものもあるのですが、スタイリストさんからの言葉を読むと、
「ふ〜ん、確かにいいかも。」となってしまうのが不思議なところ。

そんなことを考えていたら、「褒める」って大事!!と思いました。
ちょっとした誰かからの言葉で、救われたような気持ちになったり。
私にはよくありました。

今私は、家族が何よりも大事。
気づいたら、家族のことを褒めることを意識したいと思います。
家族を大事にするということは、自分が発する言葉を大事にすることからだと思うのです。

欠点やできてないことを指摘はしないほうがいいと私は思っています。
家族で補い合うこともできるから。
例えば、私は低血圧で朝は苦手。夫は早起きの人。
我が家は夫が朝ごはんを作ります。
ちょっと遅れて私が起きて、洗濯機を回したり、掃除をしたり。

もちろん、ネガティブな内容でも、必要なら伝えるけれど、伝え方はとても大事。
そういう時って、大抵後で後悔するようなことを言ってしまいがちなので
感情に任せて、言葉を発することはあまりしないようにしています。

コーチングを経験してきたおかげか、
感情が大きく動いたとき・相手を責めたくなったときには、
それを瞬時に外に向けず
一呼吸置いてまず自分の中で内省できるようになったからかな。

シングルマザー・再婚を応援しています。
子連れ再婚への不安・迷いのご相談はこちらから。
http://wp.me/P8rcJ6-27

赤ちゃんを抱っこして、夫に近づいたと感じたとき

先日、友人に赤ちゃんが生まれたので、会いに行きました。

抱っこさせてもらい、その間、友人は洗濯機を回したりと、
とっても幸せな時間でした。

ふと、この赤ちゃん、親もいなくて育てる人が誰もいなかったら?と架空の想像をしてみました。
いきなり、「この赤ちゃん、誰も育てる人がいないんです。あなた、育ててくれませんか?」と聞かれたら・・・

たぶん、自分なら「育てます」と言って引き取るんだろうなと思いました。
その赤ちゃんが、見知らぬ誰かの子で、自分と血が繋がっていなくても。

シングルマザー時代、とても二人目の赤ちゃんが欲しい時期がありました。
といっても、パートナーがいないのでどうにもならないのですが。
精子バンク?(笑)
養子として、引き取る??
そんなことが頭によぎったことがありました。
実際、シングルマザーは養子を迎えることはできるのか?
ちょっと調べてみたこともありました。
金銭的な問題さえなければ、育てたい、って思っていました。

月日は流れ・・・

夫は、血の繋がらない私の娘を養子縁組し、娘の養父となりました。
いきなり「父」になることの決断がどれほどのものであったことか。
しかも、まだまだ無垢な赤ちゃんではなく、思春期に足を踏み入れる年齢の娘。
「かわいい」だけではないです。
生意気なことも言う年齢です。

夫にはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。
私は、たぶん誰も育てる人がいない赤ちゃんがいたら、自分が育てると決断するだろう。
それを確信した時、ちょっと夫に近づけたような気がしました。

血が繋がっていようがいまいが、子どもとは「出会う」もの。
作ろうとして作り上げられた存在でもなく。
自分の体から生まれた存在であっても、自分の所有物ではない。
子どもとの「出会い」を自分の中で意味づけをして自分で親になると決める。
だから、誰が生んだのか、誰の血を引くのかは
最重要事項ではないんじゃないかな。

★子連れ再婚への不安・迷いのご相談をお受けしております。
http://wp.me/P8rcJ6-27

 

思いを言葉に乗せていけば、 いつか本当に家族になれる

 

思春期真っ只中の娘は、日によって機嫌よかったり悪かったり。
機嫌が悪い時は、私は話しかけたりもしますが、
無理に答えさせるようなことはしません。
よく話してくれる時に、たくさん話すようにしています。

ある日の夕食。娘が、夫のことを「もうちょっと背が高くてスリムだったらよかったのに〜」などと言っていました。

夫は穏やかに「そうかな〜」などと答える。

私は「女の人がどんな男の人がいいなあと思うかは、年々変わってくるよ。今は背が高くて細い人が好きでも、いずれそんなことはどうでもよくなる時が来るかもしれないし、背の高さとか細さよりも大事なことが出てくるかもしれないし」
などと話しました。

娘は、夫のどういうところが好きなの?と言います。
「内緒!」で済ませようかと思いましたが、なんと娘が話し出しました。

娘は「おもしろいところが好き。ムスッと黙ってる人は嫌なの〜」と言う。びっくり。夫のこと「好き」なんだということが言葉に出るなんて。
それならば私も言おう、と。
「人の話をよく聴いてくれるところ」「行動力があるところ」
「優しいところ」・・・

まあ、太り過ぎは良くないけど、ほどほど標準なら、正直体型はあんまり気になんないよ〜と。

夫と結婚して、職場の上司から言われた嬉しかった言葉。

私と夫はもともと同じ職場で働いていたこともあり
その上司(女性)は私のことも夫のこともよく知っている人です。

その上司から「彼は心がきれいだから、よかったね」という言葉。
仕事超バリバリの女性で、「心」と言う言葉が出てきたことにもうびっくり。
でも素直にそれが嬉しくて。
夫に聞こえないように、こっそり娘にその話をしてみました。
「え〜〜〜〜」と娘は笑ってましたが。
でも、私が嬉しいと思ったことは伝わったかと。

さて、今日は授業参観でした。
再婚して半年。娘にとって、いきなりお父さんができて半年。
学校に来られるのは「恥ずかしい」そうで、昨日夫は「来るならママとは離れてて」と言われたそう。
うっかり(?)2人で並んで授業参観してしまいました。
娘から露骨に嫌な顔されてしまいました 笑

ステップファミリー。
血の繋がらない家族、を意味します。
それでも、私たちは、
それぞれの思いをとりあえず言葉に乗せていけば、
いつか本当に家族になれるような気がしています。

シングルマザー時代、迷っていた再婚話を破断にした理由

再婚する5,6年前のこと、私は今の夫とは別の人との再婚話がありました。
結局、その話は破断(つまりは婚約破棄)にしたのですが、
決断するまで、再婚するか否か本当に悩みました。
自分がどうしたいのかがわからない、自分の気持ちがわからない、そんな状態でした。

昨日は再婚しようと思っても、今日はやっぱりやめようかな、と思ったり。
相手の人はとてもいい人でしたし、男友達として、長い付き合いでした。
私の子どものこともかわいがってくれました。
それだけに、悩みました。

なぜ、別れることを選んだのか?
私は「私」を主語にして考えていなかったことに気づいたのです。

なぜ彼と再婚しようと思ったのか?
「娘をかわいがってくれるから」「娘がなついているから」
その心の奥底には「私自身は彼のこと本当は好きではないのかもしれない」という気持ちがあることに気づいてしまったからです。

だからと言って、今さら戻れない・・・中途半端な気持ちのまま、ズルズルと時間は経っていきました。
当時はもうコーチングセッションを受けていましたが、
コーチとは、無意識にこの話題を避けている自分にも気付き始めました。

そんなとき、相手のお母さんからこんなことを言われました。
「息子との子どもを早く作って。妊娠するまであなたは親に子を預けて別居して、息子と二人で暮らして。」

電話越しでしたが、私ははっきりと言いました。
「私は娘とは別居しません」
そこでやっと目が覚めました。「この再婚は進めてはいけない」と。

そこからもきちんとお別れするまで、本当に大変でした。
もちろん、ずっと仲良くしてきた友達であった彼を傷つけることになりましたし、
本当に申し訳ない気持ちでした。

「息子との子どもを早く作って。妊娠するまであなたは娘と別居して息子と二人で暮らして。」
この言葉は言われた当時、「ひどい!なんてことを言うんだろう・・・」と
私もかなり激しい怒りの感情を味わいました。

しかし、今となっては思うのです。
私が中途半端な気持ちで付き合っていたことの投影ではないかと。
私は確かに、ひどいことをしていたと思います。
彼への気持ちに疑問があることに気づいたら、それから目を背けたりしないで
きちんと向かい合うべきでした。

今、再婚を迷っているシングルマザーの方へ。
「子ども」のためだけの再婚は、やめたほうがいいです。
「あなた」自身が、彼のことを本当に好きなのか、パートナーとしてやっていく覚悟があるのか。そちらの方を優先して考えてください。

子どもを優先し、自分のことは後回しにしてしまうお母さんが多いです。
後回しにするのが、自分の食事だとか、趣味だとか、洋服だとか、そううものならいいのですが
あなた自身の気持ちは後回しにしてはいけない。

それは、初婚の時はあたりまえのこと。
でも、子連れ再婚となると、見失う可能性があります。

シングルマザーであるあなたが、彼とパートナーとして生きる。
子どものことは、それが決断できてからです。

とはいえ、現実はいろいろ複雑な要素が絡み合っていることと思います。
自分だけで整理できないと思ったら、ご相談ください。

子連れ再婚への不安・迷いのご相談をお受けしております。
http://wp.me/P8rcJ6-27

暗闇での対話と自由

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました。(ダイアログ・イン・ザ・ダークのサイトはこちら

3年ほど前に、こちらの代表理事の志村季世恵さんの講義を受ける機会がありました。
そこで、志村さんの著作を何冊か読み、
いつか行こう・・そう思っていましたが、8月に閉館との知らせを受け、
今行かねば!と思い、家族の分もチケットを予約しました。

娘には何と説明していいかよくわからず、
暗くて、お化けのいないお化け屋敷みたいなところで、結構楽しいところみたいだよ、いい経験になるから、とりあえず一緒に来て!と言いました。

8人のグループで、1人のアテンドのもと、暗闇でいろいろな体験をします。

公園の遊具で遊ぶ、ベンチに座る、橋を渡る、キャッチボール、カフェで一休み…

2人組になって、背中合わせで座って対話をする、という経験もしました。

暗闇なので、対面だろうが、背中合わせだろうが、全くわからないのですが、

背中合わせで話すと、声の振動が背中を伝ってダイレクトに胸に入っていくような気がしました。

私は4年前からコーチングセッションを継続して受けています。

再婚して今の家に暮らす前は、夜ひとりになれる場所は無く、

娘が眠りに落ちた暗闇の部屋で、パソコンやスマホの光が漏れないように毛布などを被せて、ひっそりとセッションの時間を過ごしていました。

娘が起きやしないか、いつもヒヤヒヤです。

明るい部屋で、気兼ねなくセッションができたらいいのにと、ずっと思っていましたが、

暗闇は決してマイナス要因ではない、ということを知りました。

視覚以外の感覚が優越的になるから。

人の体温がものすごく安心感をもたらすものになり、

人の声が大きな情報となり、進むべき方向を知らせてくれる。

近くにいる人と、カフェでお菓子の交換までして、楽しんでいる自分。

人見知りの娘が、全くの初対面の大人に話しかけている。

暗闇は、視覚のない不自由さではなく、なぜか自由を感じた空間でした。

今思うと、苦肉の策だった、私の暗闇でのコーチングセッションの時間は

視覚を遮断することで、私自身が発した言葉が他の情報に邪魔されることなく

自分自身の耳に入れることで、今言ったことは、本当に自分の本心なのか?

ちょっとずれていないだろうか?と自問自答するのに適した環境だったのかもしれません。

大事な対話のとき。

家族や、大切な人との大事な話。

コーチングセッションも然り。

ちょっと灯りを落として、薄暗い中で話すと

より、ダイレクトに伝わる気がしました。

そうそう、デートは薄暗いお店がオススメって言いますが、理にかなったことなんだな、って思います。

子連れ再婚への迷い、不安に対する無料相談お受けしています。
http://stepfamily-kaya.com/sfp/

シングルマザーの自分を肯定できたから、再婚しても幸せでいられる

久しぶりに、パソコンの中の写真を整理しました。

Dropboxに一気にアップロードして、とりあえず年ごとにフォルダを作っただけですが、ずっと気がかりだったので、ちょっとすっきりです。

私は過去の写真はあまり見返したりはしないのですが、
過去5年ほどの写真をざっと見ていて思ったこと・・・

「私よくがんばった!」「楽しかった!」
でした。

夫とおつきあいが始まる前でも
娘と山に行ったり、海に行ったり、友人とのバーベキューに子連れ参加したり・・・本当に楽しみました。

シングルマザーにアウトドアは厳しい・・、と思っても
やっぱり行きたいから、と、山岳用の2人テントを担いで、テント泊で山に行ったことは今も本当に最高の思い出になっています。

母子2人で山歩きをしていると、道で出会う人たちは心配になるのか
いろんな人に声をかけてもらいました。
「今日はどこまで行くの?」「涸沢です〜」って。

再婚して幸せになりたい、そう思うことは間違いではないですが
シングルマザーの幸せを感じられるからこそ、再婚の幸せも感じることができるのではないかと思うのです。

幸せを感じるって、感性によるものだと思うから。

だからシングルマザーだろうが、再婚しようが
幸せかどうかはその人の感性の問題。

シングルマザーだから不幸なんじゃなくて、シングルマザーである私が幸せを感じるにはどうしたらいいか。
自分にとっての幸せ・心地よさをいかに追求し実現していくか、が大事。

私は、神様から
強くなれるように、幸せとは何なのか、家族って何なのかを考えられるように
しばらくシングルマザーとして生きなさい、と言われたような気がしていました。

そして、シングルマザーとして幸せを感じられるようになり
辛かったことも苦しかったことも何とか乗り越えたご褒美に
パートナーと出会い、再婚のチャンスを与えられたのかな。とも思っています。

子連れ再婚への不安・迷いのご相談をお受けしております。
コーチ 中野 かや
http://wp.me/P8rcJ6-27