自虐がダメな理由

フタが取れて、私の足の親指に落下!
 
久々にものすごい痛みを味わいましたえーん
ちなみに、ホウロウなのでけっこう重いです。
 
夫もとても申し訳なさそうにしていて
 
まぁ、たしかにかなり痛かったけど
包丁でなかったからよかった。
 
昔、袖口に包丁が引っかかって、床に包丁を落としたことがあります。
ケガはなかったけど、
もし足に包丁が落ちていたらと思うと
恐ろしい
 
娘がこんなことを夫に言いました。
 
「私のママなんだからね!ケガさせないで!」
 
夫もしゅんとしてしまい…
2人をなだめつつ、
 
「私、大丈夫だから!
包丁じゃなくてよかったよ。
でも痛いから病院行ってくるね!」と。
 
 
で、今朝は整形外科へ。
 
桜の木、春までもうすぐ🌸
 

結果は、

レントゲンではっきりとは見えないけど、
骨に、ごくごく小さなヒビ。
 
しばらく酷使せずにしておけば治ります、とのことで
私はこれからお仕事です。
 
 
昔、私は、「自虐」が正しいと思っていたことがありました。
 
自分は常に後回しで
自分のことはどうでもいいという姿が
人として「良い」のだと
勘違いをしている節がありました。
 
過労で倒れるとか
滅私奉公が、
ある意味美しく感じたりもすることがあったけれども
 
 
でもそうじゃないんです。
 
 
私がケガをすれば悲しむ人がいる。
 
ただ、そんなシンプルな事実が
自分を犠牲にすることを美しいとさえ感じていた私を
自分も大事にする私、
に変えてくれました。
 
 
最高の人間関係ってどんな感じでしょう?
 
例えば赤ちゃんとお母さん。
 
生まれてきてくれてありがとう、と、
お母さん大好き、の関係。
 
例えば、結婚式での新郎新婦。
それぞれが、あなたに出会えたことが嬉しいって思ってる。
 
例えば、大好きな友達と。
楽しいね!が交錯している関係。
 
そこに、自虐という要素は皆無。
 
だから、自分が発振したものが
そのまま自分に返ってくるというのは
おそらく本当なのでしょう。
 
あなたが大切にしたい人がいるなら
あなた自身も大切に。
 
大切って抽象的だけど、
あなたが感じていることを無視しないってこと。
 
 

りんご人は、安心して初めて、いろんな挑戦ができる。

りんご何かに挑戦するなら、まずはあなたが安心することから。

あなたが荷物を降ろし一歩踏み出すこと、そして歩き続けることを

応援させてください。

 

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら