「剱、いいだろ?」亡き父の声 〜登山記録〜

剱岳から無事戻ってきました!

父の遺言を叶えられたこと、
「難関」と言われる山に登れたこと
まだ残る雪渓、青空、ひんやりした空気、
全てが幸せに感じる時間でした。

東京を出発し、関越道、北陸道を通り、立山へ。
立山に着いたのは深夜。
仮眠して、始発のケーブルカーに乗ります。

同行する他メンバーとも合流。
いよいよ出発。嬉しそうな私。

室堂から、登山スタート。
麓の小屋が最初の宿泊先です。

高山植物のお花畑。

    

翌日、剱岳へは、サブザックで。小屋にザックを置きっぱなし。
(デポと言います)
私は、夫に水や食糧は持ってもらっちゃった!ので体ひとつ。
もちろん、ヘルメット装着が必須です。

鎖場の手前で、私たちの影。
大好きな山に、大切な人と共に登れることのありがたさ。

 

これはイワツメクサ。
岩の切れ目、強風の中でも可愛らしく咲く姿に
いつも勇気をもらいます。

亡き父が取り計らってくれたのかと思うほど
天気に恵まれました。

ここが剱岳頂上。標高2999M。

ほんの少しだけ散骨して・・・・
ここは、もう一つの父のお墓になりました。
自分にとって、大切な場所が増えた、と感じました。
父が見守ってくれている安心感も湧いてきて。

普通、お墓って、至近距離まで近づかないと見えないけれど
山だと、もう少し離れたところからも見える。

例えば、富山市内から晴れた日、
長野県側からどこか北アルプスの山に登るときに
剱岳が見えるのなら
ああ、あそこに父がいる、と思える。
それが純粋に嬉しく感じました。

宗教などは一切信じなかった父。
死後の世界も、「あるわけないじゃないか」と言っていました。
私もどちらかというとそう思っていました。
(私、バリバリのリケジョですし。科学的でないものは信じなかった。
でも最近はちょっと変わってきました)

医者である矢作先生の本を読んで、
これが私にはとてもしっくりきました。

「肉体から抜けた目に見えない存在は、
私たちが住むこの世界とは別の世界で
自在に生き続けます。「人は死なない」とは、
そういうことです。
私たちが今回の人生で与えられたこの
肉体を脱ぎ捨てて、元いた場所へと還る。
それが死ぬということの真実です。」

父が、私たちとは違う世界で生きているとしたら
やっぱり嬉しい。
「劔、いいだろ?」という父の声が聴こえるような気がしました。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

弔いの登山へ 父の遺言書が見つかって

2001年に父が書いた遺言書が出てきました。葬儀などが終わってから見つかりました。

遺言書と言っても、

チラシの裏紙に印刷されたもの。何かのダイレクトメールの封筒に入ってました。

ある日、ちょっと書いておくか!と思いついて書いたような感じ。

そこには、葬式や戒名、読経、焼香などは不要、献体してくれ等々、父らしいことが書いてありました。

(お葬式しちゃったけど! 献体もしなかった)

そして、

「骨壷からほんの少しだけ取って、山の頂に撒いてくれないか。剱岳だと嬉しい。法に触れるのなら、髪か爪でもかまわない」

と書かれていました。

母からどうしよう…と相談されたとき、私は絶対に父の願いを叶えてあげようって思いました。

剱岳、私も一度は登りたかったし、でも危険だし、富山までは遠くてあきらめてた。

これから、夫と、夫の山仲間も一緒に、行ってきます。

娘としばらく離れるのは寂しいけど、子どもに剱岳は危険と判断、祖母と留守番です。

娘からは、無事に下山できるようにお守りももらいました。

私は、3日分の手紙を書いて置いてきました。

では、いってきます!

この夏、私の最大の挑戦です。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

1オクターブずれてるよ!ピアノの発表会でのアクシデント

先日、娘のピアノの発表会でした。

「羊と鋼の森」という映画にもありましたが、
”弾き始めたら、結局はひとり”。
誰も助けてはくれない。
本人がどれだけ練習したか、
その経験だけを信じて
1人、ステージでピアノを弾く。

ステージに上がってしまえば
親は何も助けることはできない。

どんなに子どもが未熟だろうが
ワルであろうが、弱虫であろうが

娘の背中を押し、見送れる母でありたい
そんなことを思いました。

・・・そして、娘の番。
動画を撮り始めたとき、カメラを落としそうになりました。

「えっ?ウソ〜〜〜〜〜!!!」

舞台袖で見ているはずの先生が飛び出してくるかと思ったのですが
出てきません。

なんと、娘は、1オクターブ上の鍵盤から弾き始めてしまったのです。

ちょっとちょっと、鍵盤足りなくなっちゃうよ・・・
と、思いきや、足りちゃった。

何食わぬ顔で最後まで弾ききり、
2曲めは、正しい位置で弾いて、
先生に花束を渡す役を終えて、
えへへ、と戻ってきました。

私はというと、脱力です。

ずっと、亡き父が、娘のピアノの練習をみてくれていたけれど
その父も亡くなって
私が娘にピアノを時々教えるようになり
私もすっかり楽譜が読めなくなっていて
YouTubeで調べたりしながら
がんばって、音を拾いながら練習して。
娘に教えるために、
私も結構ピアノ弾いたの。
でも、それは私が望んで行動したこと。

・・・ちなみに、ベートーベン「月光」第一楽章です。
これ、高い音で弾いたら、雰囲気が違うのよ・・・

2曲めはショパンのエチュード、
太田胃散のCMに使われている曲です。

私、胃が痛くなりました 笑

でも、正しい位置で弾いてくれたおかげで
それだけでもうありがたい気持ちに。

それにしても、
「なんか、発表会のピアノの鍵盤の数が
うちのピアノより多い気がした〜」(ありえない!)
と言いながらも、
全然気にしていない様子の娘を見て
この子、すごいな・・・と感じました。

親として、安心して発表会に臨める日は、まだでした。

自分の力を信じて
自分の人生を切り拓いてくれ!
そう強く願い、
私も、私の人生を生きる勇気を持とう、
そう感じた日でした。

 

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

私の心の中の石ころ ワルな娘の話

本来の私なら、一番ワクワクする、夏の到来。

ただ、今年はちょっといろいろあり
今は心の中にちょっとした石ころがあって、
その石ころがなかなか外に出てかない。

そんな感じです。

娘が「悪いこと」をしたという話を書きましたが、
先生からのその電話はこんなお話でした。

塾で行われた、小テストのお話。
「隣の席の子と、回答が同じで、
間違っているところまで一致していました」

・・・そういうことです。要は、カンニング疑い、です。

その件で、私も直接先生に会いに行きましたし
もし、「疑い」が「真実」ならば、
ということで、先生とお話をしました。

その後の一週間は、「疑い」となる行動はなかったそうですが。
でも、一度でも、こうして疑われたということは
ほぼ真実なのだろうか、
「疑い」である可能性にしがみついたほうがいいのか。
「真実」と判断したとして、じゃあ私は
どう娘と向き合えばいいのか。

ずっと心の中に重い石が置かれている感じですが、
それは事実として、これからもその状態を受け入れていこうと
そんなことを考えました。

靴の中の小石に気づいていながらも
そのまま歩き続ける、ということ。
だって、その小石、今捨てるわけにはいかないから。
娘と向き合って、この話をしたら
その小石を捨ててもいいって思えるかもしれない。

でも、私の心の中の石は、しばらくの間は
ずっとそこに居続ける、そんな予感。

そんな日々を過ごしていたら
週半ばには、私自身が、扁桃腺炎に。
久しぶりの高熱で寝込みました。

寝込んでいた日は、
娘はあれこれと動いてくれたり
優しい言葉をかけてくれたりと
してくれました。

そんな姿を見ながら、カンニング疑いのことを考えている私。

そういえば、
問題集の解答をすぐに見る癖があったなあとか
作文は、事実よりも内容を「盛って」書くことがあるよなあ、とか

久しぶりに、
ただただ、1人の母親として
悶々としていました。

じゃあ、私は、すぐに正しい答えを求めていないだろうか
楽をしようとしていないだろうか、とか。

いろんなことを考えて、行き着いたところは
やってしまった悪いことは、なかったことにはしない
ということ。

娘を信じないわけじゃない。
もし、もしもその疑いが真実ならば。

悪いこと、ずるいことをする娘が
私の娘であるということ。
そして同時に
優しい心を持った娘でもあり
それが私の娘であるということ。

いろんなものすべて包含して
私はただ娘を愛するしかできない。
そんなことを思いました。

成績が良くなくてもいい、
でも、勉強に何らかのおもしろさを見出してくれると
私は嬉しい。
あなたが思っている以上に、世界は広く、
あなたの見ている世界は、思っている以上に深い。

目の前の点数なんか、気にしてほしくない。
進みたい道を、自分の力を信じて、自分で切り拓いてほしいんだよ。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

子連れ再婚を選んだ、クライアントEさんのご感想

「クライアントは、自分で答えを出し、決断し、前進する力を備えている」

これは、私がライフコーチングを学んだスクールのフィロソフィーのひとつ。
ライフコーチ としてクライアントさんに向き合う時、
私はこの姿勢でいます。

先日、クライアントEさんが、8ヶ月の私のライフコーチングを受けてくださり
卒業されました。
ご感想を頂きましたので、ご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セッション開始時:30代シングルマザー Eさん

今までセッションありがとうございました。

シングルマザーでの彼との交際期間から
再婚した今までかやさんにお付き合い頂きました。

シングルになってから我慢する事が増えたせいか、
自分でも気づかない我慢をしてたんだな…と
セッションで、気づかされることが多かったです。

本当の声に耳を傾けるというのは簡単なようで難しかったです。

しかし、かやさんに話しをすると自分の気持ちが固まっていくのは
セッションの凄いとこだと思いました。

(以下略)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

当時Eさんは、3人のお子さんがいるシングルマザー。

営業職で、やりがいを感じながら
仕事にも、子育てにも、お金のことにも、
しっかりとした自分の信念をお持ちでした。

再婚予定の彼氏と、このまま再婚していいのか悩んでいる、
ということでした。

何を大切にしていきたいのか?
本当はどんな気持ちなのか?

それに共に向き合ってきました。

私は、Eさんの思いに強く共感したり
時には、仕事に対する姿勢に尊敬したり
子どもへの愛情深さに感動したり・・・

ひとりの女性として、大きな刺激を受けましたし、学ばせていただきました。

結果的に、Eさんは、彼と再婚することを選びました。

引っ越し、苗字変更の手続き、子どもの転校、進学・・・
そして、ご家族の入院など、いろいろなことがありました。

そして、再婚後は、家族のことや仕事のことをテーマに
セッションを重ねてきました。

ライフコーチは、再婚を勧めたり、逆に反対することもしません。
どちらの選択をしようが、私は全力で彼女を応援したと思います。

本当の気持ちは何なのか、
本当はどうしたいのか、
ライフコーチングは、それに気づき、自分で答えを出し選択するための、サポートです。

Eさんはそれができる人だと
私は誰よりも信じて、Eさんと対話をしてきました。

結婚して、安心感を感じるようになった。それでも、
夫婦でぶつかったり、親子でケンカしたり・・・

言いたいことを飲み込んでしまったり・・・
いろいろなことがあります。

最後のセッションの時、
私はこんな問いかけをしました。

「夫婦で幸せだったことはありましたか」
「家族で幸せだったことはありましたか」

Eさんの声はとても力強かったのが印象的でした。

現在、転職活動中のEさん、
さらに営業職としてステップアップしていくことと思います。

これからも応援しています。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

ステップファミリーだから、子どもの悪事は私の責任?

前回のブログで、子どもが悪いことをして
先生から電話があったことを書きました。

夜、夫にも話したわけなのですが。
一瞬、ほんの少しだけ
夫に話すのをためらう気持ちに気づきました。

私の娘の悪事は、
夫からは少し遠い位置にあるような気がしたんです。

私の娘が悪いことをしたことに対し、
もしも、親としての責任があるとしたら・・・

私が9、夫が1くらいなのかなって
いや、
私が6で夫が4くらい?
割合なんて、全然わからないけど
私の方が責任として重い気がしました。

そして、こんなことをする子どもの母親として
夫はどう私のことを見るのだろうか・・・って。

一瞬、一瞬だけ、そんなことを思いました。

血の繋がった両親の子どもが、何か悪いことをしたら
何となく、親の責任としては両方均等にあるような気がするけど

娘と夫には血の繋がりがないから
親の責任としては、夫よりもはるかに私の方が重い、そんな気がして。

実際には、そんなことは全然ないんですが。
ああ、また「母親として・・・」とか思ってるね、私。
って、思いました。

夫は、娘を本当の娘として接しているし行動している。
それは、いつもいつも私が感じていること。
そして夫は、娘がいくら悪いことをしても
娘を注意することはあっても
私を責めることなんて、微塵もなかった。

「血の繋がりなんて関係ない」って思っていたはずの私が
一瞬でも、血の繋がりのある私の責任が重い、と思っていることに
ちょっとした驚きと戸惑いを感じました。

いやいや違う、
私たちは、何ら特別違うこともない、普通の家族。
違うとしたら、初めから家族だったわけじゃなくて
これから少しずつ家族になっていくということ。

そう思って、
娘が寝たあと、夫に話を切り出しました。

夫は、私が思った以上に真剣にきいてくれて
ああ、話してよかった、そう思いました。

そして、私とはまた違った見方もしていて
そこは、さすがだなぁと。
夫は、少し客観的に私と娘を見ることができているようでした。

客観的に見られるのは
血の繋がりがないから?
私たちが、ステップファミリー だから?
そうかもしれないし、そうでないかもしれない。

でも、そんなことはどうでもいいじゃないか。

そして、ゆっさゆっさと揺れていた私の心は
風に吹かれる木の枝くらいの揺れにおさまって

そして今日は、だいぶ落ちついて、
娘の先生とお話しすることができました。

それにしても、いろいろやってくれます、我が娘。
娘を通して、自分の在り方を問いかけられているようです。

今回の件では
久しぶりに夫ともゆっくりいろいろ話ができた。
これでまた、私たちはさらに「家族」になっていける。
そんなことを思いました。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

子どもがした「悪いこと」

子どもが学校などで、何をやらかして、先生から電話がかかってくる。
学校に呼び出された。
子どもを連れて、相手方のご自宅に謝りに行った・・・

皆さま、いろいろな経験があると思います。

私もです。
先日、娘のした「悪いこと」で、先生から電話がかかってきました。
小学生になってから、これまでで3回。
低学年、中学年、高学年で1回ずつか…

3度目の今回
やっぱり最初は、揺らぎました。

・・・・・・・・・・・・

これは、中学生のこどもがいる友人の話。
その友人の娘が、親に黙って、塾をサボってどこかで時間を潰して
何食わぬ顔で帰ってくるという…
塾の先生から電話があるから、親にはもうバレバレ。

友人がこう言っていました。

子どもはね、親がやってきた悪いこと、片っ端から再現してくれるわ~~

私も昔、よくサボってたのよね。

・・・・・・・・・・・・

我が娘が今回やらかしたことは、また別のこと。

ここでは書けませんが、れっきとした悪いこと、です。

子どもの悪事を目の当たりにすると
自然と、自分はどうだったんだろうかと
振り返る。

私はといえば。

先生から親に連絡がいったことは多分なかったと思いますが、
悪いことしなかったのかと言われると
そういうわけじゃない。

でもね、
私自身の中にあるズルさ、弱さ、ラクをしたい気持ち

そういうものに
娘を通して、
再び出会ったような気持ちになる。

母親として感じること、今後の対応に対する考え
娘の先生へ、伝えました。

まだ解決はしてないけど
揺らぎかたが、前とは違って、
ゆっくりした感じになっているのを感じました。

コーチングに関わるようになって
自分に免震構造が付いたな、と思った。

強くなりたいと願い続けた私は、
ようやく少し強くなれたかな。

さて、ゆっくり揺らぎながら、私は明日も

娘と自分、両方に向き合っていくことになりそうです。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール