その禁止事項は、何を恐れていたのか。

私が離婚後、決めていたことのひとつが、
「大きくなるまで、子どもに戸籍謄本を見せない」
でした。

今思うとちょっと大げさですが、
父親のことを何も知らない娘には
見せてはならないもの
と勝手に思いこんでいたのです。

いつか、パスポートを取るときに必要なら
娘に戸籍謄本を見られないように
私が事前に、娘が未成年のうちにパスポートを作りに行こう、などという計画?まで立てていました。

月日は流れ…

私が再婚して、子どもの記載欄には

「養父〇〇と養子縁組」
「親権者は母と養父〇〇」

ということが追記されましたが、
父の欄は、私の最初の結婚相手の名前がそのまま残ります。

娘には、戸籍謄本をそのまま見せず
法律的に、今日から正式にあなたのお父さんになったよ、とだけ伝えました。

その戸籍謄本を見せたい気もした。でも、元夫の名前を見られるのが、何だか怖い気がした。

そして私たちが家族になり1年。

つい先日、お墓の手続きで霊園の事務所に行ったときのこと。
娘が、私も行く〜とついてきて、隣に座りました。

そこで、いろんな書類をやりとりしていました。
私は、納骨に使う花束や上着などで手が塞がっていて
書類がうまくファイルに入れられない。

戸籍謄本を子どもに見せない
と勝手に自分で決めたことをすっかり忘れて

娘に、戸籍謄本とファイルを手渡し
「ちょっと、これをファイルに入れてくれる?」と
お願いしてしまいました。

霊園の人からの説明を聴いていると、
娘が、私の腕をトントン、と。
娘の指差した先を見ると
元夫の名前が…!

その場で娘にあれこれ説明することもできず、
ひと通り事務手続きを終えてからやっと娘に話すことができました。

ごめん、びっくりしたよね。
この人は、私が最初に結婚した人。

なんでここ、〇〇(娘の養父)じゃないの?

血の繋がった父親の名前がここには書いてあるの。
でも、ほら、ここに
今のお父さんの名前が書いてあるよね。
親権者って言うのは
子どもを守って育てる人のこと。
血が繋がっているかどうかは関係なくて。

ふーん。よかった。

⁈ よかったよね、うん、本当によかった…

なんだか、紆余曲折の私の半生や、今の、血の繋がらないお父さんとの生活、全部含めて「よかった」って言ってくれたような気がして…

まだ自分の中に残っていた、自分を縛る紐が解けたような、そんな気がしました。

実際、娘は深い意味もなくそう言ったのかもしれないけれどね。

改めて、「戸籍謄本を娘に見られた事件」をふりかえってみると
どうして、あんなに戸籍謄本を見られないようにがんばっていたんだろう、ということ。
私は何を恐れていたんだろうということ。

娘が、血縁上の父親のことを考えることだろうか
その父親に会いたいと言い出すことなのだろうか
一緒に暮らしている父親に対してどんな感情をもつのかを心配しているのだろうか

どれも、答えはノーであり
なんだ、こんなにひた隠しにする必要はなかったんだ、と軽く脱力してしまいました。

自分の中に、こうしちゃいけない、をたくさん持っていると窮屈。

気がついたらひとつひとつ手放せたらいいなと思います。

私は、本気で今の日本の戸籍制度は不要と考えていますが
ある意味、私の戸籍謄本は
私の人生の記録。

だから否定することなく
堂々と子どもに見せればいいんだと思った。

 

誰かに見られたくないものはありますか?

それは、何を恐れているからなんでしょうか?

 

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

LINE@はじめました。 無料オリエンテーション申し込み、その他お問い合わせもこちらからどうぞ 友だち追加

父のお客様に会いに。

ここは、小さな町の公民館。
私の育った町。(今は市になったけれどね)
なぜここにいるのかというと、
父が生きていたら、このピアノの調律をすることになっていた、という理由。
実家のカレンダーに、このコンサートの仕事の予定が書かれていた。
早く知らせて、代理の調律師を手配するようにお願いしなきゃいけない、って母が必死になって連絡先を調べていて。

訃報を知ったお客様がご自分のコンサートチケットを贈ってくださり
もともと母が行く予定でしたが、
代理で私が来ました。
父の写真を持って、
音楽の音の波の中にいる時間。

私の任務はこのあと、父のお客様であるピアニストの方とそのお母様へ、花束を持って挨拶に行くこと。

諸々の手続きや、仕事や、夫や娘のこと、自分のコーチングのトレーニングのこと…
最近はどっぷり悲しみにくれることもなくなったけれど、
そんなことしてたら、仕事にならないしね。

でも、コンサートでの1人時間は
結果として、しっかり悲しみを味わう時間になりました。

味わうことは、悪いことではないんだ。
悲しみを感じないふりをしていると、必ず後で大きく崩れるときがくるから。

無事任務を果たす。

父とは20年近くの付き合いだったことを知る。

「お父様の調律はね、ご自身の個性を入れないから、とても弾きやすいんです。」

「私はお父様の調律が大好きだったんです。」

そう言われ

そういうものなのかと初めて知り、
今度は帰路へ。

夜の高速道路を走り、いつもなら混んでいるインターが、怖いほど空いていた。

やや緊張しながら一般道へ

徐々に家が近づいてきて
最寄りの駅まで来た。

父が倒れたあの夜
父は私の娘を乗せて、ここを運転して帰宅したんだなぁって思った。
あのとき、数十分後に脳出血を起こすなんて
翌朝死ぬなんて思いもしなかっただろう
具合が悪かったんだろうか
それを押して私の娘を迎えに行き、家まで送り届けたのだろうか
どんな状態で、どんな気持ちでこの道を運転してたんだろうか
結婚記念日のお祝いの夕食のことを考えていたんだろうか

それとも、夕食後に飲む焼酎のことだろうか

私や娘のことも思っていたのだろうか。

明日死ぬとわかっていたら、父はどうしていたのだろうか

いろんな気持ちがわぁぁっと溢れ出て
久しぶりに私は車を運転しながら
声をあげて泣いていました。

無事駐車場に入れて、ひとしきり泣いて、外へ出た。

悲しみを感じ切ったら
不思議なほど気持ちがすっきりとし、家族が待つ家へ帰りました。

そろそろ、一区切り。もうすぐ納骨。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

LINE@はじめました。 無料お試し相談をお受けしています。 友だち追加

それぞれが悲しみを乗り越えて

先月、父が亡くなり、
葬儀を終え、諸々の手続きに追われながら
時に涙を流しつつも
あっという間に時間が経っていきました。

その間、コーチとしてのお仕事ができたこと
コーチングの集合トレーニング、オンライントレーニングを受ける日々が
とてもありがたく感じる日々でした。

もうすぐ、父の四十九日で、納骨をします。
納骨の前に、父の友人たち(仕事仲間でもあり、飲み仲間でもあり、キャンプ仲間でもる方々)を実家に招いて
お別れ会をしようと決めて
今日はそのお別れ会の日でした。

手作りのお料理やお菓子を持ってきてくださった方。
父が好きだったお酒を持ってきてくださった方。
キャンプの写真をアルバムにまとめてきてくださった方。
父が20年ほど前に私のことを書いたハガキを持ってきてくださった方。

父が亡くなってから静かで寂しかった実家がとても賑やかになりました。

葬儀を終えた頃から、私の母が時折とても塞ぎ込むことがありました。

言うことが昨日と今日でガラリと変わったりもして

私もえーっ⁈って、思わされることがありました。

家族ゆえの苛立ちが無かったわけではありません。

ただ、わかっていたのは、私たちに共通するのは悲しみであるということ。

だから、家族内で誰かを責めてしまうことは避けられました。

父の死後、家族それぞれが、何かを乗り越えてきた。そんな二か月でした。

父のことを話しながら、昔のことも聞かせてもらい、

久しぶりに笑い声が賑やかな空間がそこにありました。

さて、次は四十九日。納骨です。

この間、

お骨の前に食事をお供えしたり

好きだった焼酎をお供えしたり

遺影に向かって、心の中で話しかけたり。

あたかも、「まだ生きている」かのようにすること。

四十九日間は、悲しみを感じ、受け入れるために、ちょうどよい時間なのかもと思いました。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

LINE@はじめました。 無料お試し相談をお受けしています。 友だち追加

大事なものって何?モノを捨てない父、モノを捨ててきた私。

亡くなった父は、モノを捨てない人でした。

昨今の断捨離ブームもよそに、本当に物を大事にする人でもあり
とにかく「捨てない」人でした。

家電製品でも何でも直してしまうので、
傘やドライヤーやら、なかなか新しいものに買い換えられなかったりもして。

一緒に暮らしていた時の、娘の保育園の給食献立表や
どこかでとってきた木の実とか
あとは、父自身の昔の学生時代の文化祭のパンフレットまで…

そして、たくさんのダンボールからは、
幼い頃、私が父に書いたお手紙やら、プレゼントの手縫いの小さな巾着袋や
私の書いた絵、私の作文などが本当にたくさん出てきました。

そんな父。とにかく、捨てない人なのに
大事なものであるはずの、「お墓の権利書」が見つからない。

母が家中を探しても探しても出てこない。
お墓のある霊園に電話すると、再発行料として一万円かかる、とのこと。

これだけ探してもないんだから、仕方ないね、再発行してもらおう、と話していました。

数日後、父が遺したダンボールの中を整理していた母から連絡があり、
お墓の権利書が発見されました。

箱には「いろいろな紙など」と書かれていて
コピー用紙やきれいな包装紙や色紙、色画用紙などとともに、紙製のファイルが入っていましたが
その中にお墓の権利書が!

父にとって大事なものは、お墓の権利書よりも、
私が子どもの頃に書いた手紙や、絵や、工作だったのよ、
と母から言われて私は泣き笑い。

父とは違って、私は比較的モノはどんどん処分できる人。
同じバツイチの友人と”「男」捨離”と言って笑ったこともある。

1度目の結婚の時の指輪は「コメ兵」に売却しに行ったり
離婚して出戻った時には、それまで持っていた自分のものはほとんど処分せざるを得なかった。
好きなCDも、本も、一生大切にすると思っていたはずの、最初の結婚式の写真も、全て。

自分のモノは捨てられるけど
お父さんの大事なものを、私が捨てるのは、さすがにつらいよ・・・

私のものがたくさん詰まった段ボールの中に、
私が小学校1年生の頃の宿題が入っていました。

それは、私の名前の由来について書かれたものでした。

お父さん。
モノを全てとっておくことはできないけれど
あなたの愛情の集大成が私の名前だと思っています。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッション

日時はご相談の上決定します。(早朝枠はあとお一人様のみ可能です)

扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

LINE@はじめました。
こちらからも、 無料オリエンテーション申し込み、ご質問をお受けしています。 友だち追加

記念日の朝の事件

私が再婚して、1年が経ちました。

結婚記念日の朝、夫と、今日で1年だね、これからもよろしくね、と話していたら

それを聞いていた娘が突如怒り出してしまった。

私たちは全くそんなつもりはなかったのですが、

「除け者扱い」されたと思ったみたいです。

娘の部屋にある、写真立てが倒れてました。

3人で写っている結婚式の写真です。

ああ、結婚記念日のことが気に入らないのか…ってわかった。

ショックはショックだったけど、

私たちは、娘を除け者扱いしたりとか、

仲間はずれにしようだなんて全く思っていない。

それをわかってほしいなと思いつつ、

今は結婚式の写真を見たくない気持ちなんだなと、

とりあえず、娘の気持ちをうけとめようと、

(だからと言って、特に何も言えなかったけれど)

倒れた写真立てを引き出しの中に入れておきました。

その後、娘はツンとしていつつも

3人で朝ごはんをいつものように食べ

娘にも普通に、いつものように話しかけて接して。

朝ごはんが終わって30分後

ふと見ると、写真立てが元の位置に。

娘が元に戻していました。

シングルマザー時代は、母1人子1人、お互いがお互いの1番であることは明確過ぎて、

それが揺らぐ余地は全くなかった。

再婚したら、娘にとっては

自分が一番の存在でないのかもしれないという恐れが出てきたのかもしれない。

再婚しようがしまいが、娘への愛情が変わることは絶対にないと

何度も何度も伝えてきたけど、

まだまだこの子には伝え続ける必要があるんだと思いました。

たいてい、娘と夫は仲良し。

夫の帰りが遅いと怒るし早く帰ってくると喜ぶ。

小学校高学年なのに、おんぶまでしてもらったり。

それは私にとってはとても幸せなことなんだけれど、

その影で、自分が一番でないという恐れを持っていたのだと思うと

少し切なくなりました。

私から見ると、たしかに些細なことで機嫌を損ねることもある娘。

子どもへの愛情と、夫への愛情は種類が違うからどっちが大きいとか、そういう問題じゃないって

ケンカしたこともあったけど、

いつでも一番の愛情がほしい子どもには

ちゃんとそれを伝え続けないといけないなと思いました。

娘には、世界で0番に好きだよ、ということにしました。

昔、よく娘は私にそう言ってくれて…

翌日、昔は友達と遊びに出かけたので

夫と結婚1周年のお祝いに、うなぎをご馳走になりました!

 

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

LINE@はじめました。 無料お試し相談をお受けしています。 友だち追加

戸籍制度、苗字に関する個人的な経験

夫婦別姓の件で、サイボウズの社長が提訴しました。

(Yahoo!ニュースに飛びます)夫婦別姓 選択できず不利益

私が再婚する少し前、苗字のことでとても悩んでいたことを思い出します。

世の中の大多数の人がするように、私は夫の苗字に変わる予定でした。

しかし、娘がそれをどうしても受け入れない。

それなら、私だけ苗字を変えて、娘は変えない、というのはどうだろうか?

つまり、それは養子縁組しないということ。

…そうしようと思いました。

でも、私の心がチクリと痛む。

その痛みを我慢しようとも思ったけど、できなかった。

母と子で苗字が違うこと。

なんとなく、子を置いてけぼりにするような気がして辛くてね。

養子縁組しないことで、

社会的に夫が娘の父になれないこと。

社会的なことは気にせず、私たち自身が、家族と思っていればそれでいいんじゃないか。

そう自分にも言い聞かせた。

でも、本当にそれでいいの?

……

話すと非常に長くなりますが、

結果的に私たちが選択したのは、

婚姻後の姓は「妻の氏」を選択する、でした。

この選択をした夫と、それを認めてくださった夫の家族には感謝してもしきれないほどです。

2度めの結婚で、苗字を変えなかった私の率直な感想は…

楽。

(大きい声では言えませんが…)

“戸籍制度、苗字に関する個人的な経験” の続きを読む