戦う君の歌 自分を徹底的に責めなくていい

ある会社員の一日。

1通のメールが届く。
心臓がビクン、となるのを感じる。

内容は誤りの指摘。つまりは、クレーム。言葉は丁寧だけに、よけい辛い。

一気に顔から血の気が引くのを感じる。

この仕事、専門職であり、勉強することも多い。
まだまだ勉強は足りないけど
手を抜いているつもりもない。
でも、もし抜いていたと言われたら、強く反論できるだろうか?

がんばっている。いや、がんばったつもり、なのか。

何を言っても言い訳にしか聞こえないだろうから
自分の落ち度である件は、謝罪。
でも…

私、ダメな担当者だと思われてしまった?
もしそう思われたら、この仕事の担当外される?
そんな社員、会社にとっても迷惑だよね…
この仕事向いてないのかな
このセリフ、何度も言い過ぎて、自分でも嫌になる。

自己嫌悪でも、平気な顔して同僚とランチ。
そして、こんな日に限って、職場の飲み会。
ダメな奴だなぁって私のこと思ってるんだろうな。
ここにいるメンバー、仕事のできない私のこと、要らないって思ってる?

自分の脳内で、ネガテイブな会話がすごい勢いで交錯。

でも、まだまだこの仕事から学ぶことある気がしている。
だから、もう少しがんばりたい。

がんばっていいですか?
誰に許可求めてるんだろう。

 

実はこれ私の話。

でも、ネガテイブな自分との対話で、どれが事実で、どれが妄想なのかは自分でも気づいている。
だから、昔みたいに、どーんと落ち込んで夜さめざめと泣くことも今はない。

事実と妄想は分けてみて。
分けられなかったら、「それ、本当?」って、自分に問いかけて。

私の会社員生活、
劣等感や自己嫌悪との戦いだった。

“戦う君の歌を戦わない奴らが笑うだろう”

負けてもいい、戦うことにする。

今目の前のことに全力を尽くすことが、生きるということ。

ここでもう少しがんばっていいですか?なんて、誰かの許可はいらない。

私が決めていい。

自分の至らなさ、不完全さ。

自分を責める言葉は、十分過ぎるほど出てくるから、

一言でいいから、自分を認めよう。心からそう思えなくてもいい。

なにもコテンパンにしなくていい。

できてないこともあるけど、私、よくやってるよ、って。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

LINE@はじめました。 ブログ更新のお知らせなどが届きます。 同時に、離婚、再婚、シングルマザーのお悩み相談もお受けしてます。

よかったら友達追加してみてくださいね。
友だち追加

コンビニのお赤飯のおにぎりの思い出

夏休み最後の週末は、キャンプに行ってきました。
通常、キャンプに行く!となると、朝は早く起きて出発するのですが
月曜日から金曜日まで、仕事でちょっと疲れ気味だったので
土曜日の朝、ゆっくり出発しました。

朝ごはんは食べずに出発したので、途中のコンビニでおにぎりを購入。
私は「お赤飯」が好きなので、お赤飯のおにぎりを。

コンビニのお赤飯のおにぎりにはちょっと切ない思い出があります。

娘を妊娠していることがわかって、
当時の夫とお祝いしたかったのですが、
既に夫婦関係が崩れ始めており、そういう雰囲気ではなかったのです。

それでも、私は子どもを授かったのが嬉しくて、お祝いしたかった。
でも、夫は私の妊娠を喜んでくれていない・・・

お祝いしないと、赤ちゃんが神様の元に帰ってしまうような気がして
なんだか焦っていました。

もう私一人でお祝いしよう、と
当時の職場への出勤前にコンビニでお赤飯のおにぎりを買って
お昼に食べました。

お赤飯を食べることで、赤ちゃんを歓迎している気持ちが、赤ちゃんや神様に伝わった気がして、ほっとした気持ち。
そして、妊娠を喜んでいない(当時の)夫のことを考えて、
寂しくなる気持ちが混ざっていました。

離婚して数年後、
あの時、私一人でコンビニのお赤飯のおにぎりでお祝いしたのよね、
ということを、ちょっと笑いながら、たまたま自分の両親に話したとき、
二人は悲しそうな顔をしてしまいました。
しまった、話さなきゃ良かった、と思いました。

そんな思い出のある、コンビニのお赤飯おにぎり。
それを思い出しながら、おにぎりを食べていると、鼻の奥がツーンとしてきて
我ながら、えっウソでしょ、もうあれから10年以上経っているのに、と思いました。

たぶん、あのとき、私はとても悲しかったんだと思う。

でも、日中は薬剤師として仕事をしていて、

たくさんの患者さんと話す仕事だったし、泣く時間はなかった。

泣くとすぐ鼻が赤くなってバレるし、翌朝目が腫れるし。

仕事に差し支えないように、昼も夜も必死に涙をこらえていた日々だった。

だから、悲しいけれどその感情を感じ切ることなく

半ば自虐的な思い出として、半分自分を笑ってた。

だから、未だこうして10年前のことにちょっと泣きそうになっているのかも。

さて、午後3時ごろ、目的のキャンプ場に到着。
テントを張って、テーブルと椅子を出して、焚き火台で火を起こして・・・

娘のおしゃべりを聴きながら、
火を起こす夫を見ながら、のんびりとビールを飲みつつ空を見上げる。
ああ私、幸せだな、と思うのです。

今更、コンビニのお赤飯のおにぎりの思い出話を夫にするのもなあ・・・と思いつつ、娘もいたので、この話をするのはやめときました。

焚き火を見ていると、いろんな思いが湧いてきます。
これまでのこと、これからのこと。
家族のこと、仕事のこと。
これから行きたい場所のこと。

夜になり、ワインを開ける。

焚き火+お酒+夜=話すつもりじゃないことを話しそうになる夜

誰かに話すことで、切ない思い出はあっという間に癒されることもある。
だから、いつかまたコンビニのお赤飯おにぎりを食べていて、泣きそうになったら
その時は夫に話そうかな、と思います。

その前に、こうして、文章にしてみました。まずは、自分だけであの時の悲しさを感じて、誰かに話すのはその次に。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

四十にして惑わなくなったこと

2倍成人式、というのが話題になっているらしいですが、
40歳。不惑、四十にして惑わず、とも言われている年。

私はと言えば、
私という人間は、高校生の頃と対して中身は変わっていないような気もする一方、
健康診断ではいろいろひっかかったりもして、再検査、精密検査続きだったり。

気になる婦人科系疾患も、
冬に手術するかどうか…という決断を迫られてもいます。

それでも確かに、40歳になって、以前ほどいろいろなことに迷わなくなった面もあります。

39歳で再婚する前は、とにかく迷うことは多かったです。
今は迷わなくなったのは、
夫を愛することを決めた、
家族を大切にすることを決めたから。

仕事から私が得たいものを決めているから。

1番大切なものは何だろう?

それを大切にすると決めれば、不惑、に近づけるようになった。

ただ…不惑ばかりも退屈なので 笑

私は新たな冒険を計画したくなるのです。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

自分の名前は好きですか

名前。
自分と同じ名前のモノにも、妙に親近感が湧くので、
先日「かやふきん」を買いました!

私の名前、
一発で読んでもらえないことが多くて、
男性に間違えられることも多くて、
未だ、パソコンの変換で出てこない、とも言われる。

私って、キラキラネーム?と、誰にも聞けず悶々とした気持ちになったことも。

名前は顔を作る、という話があります。

欧米の研究ですが、
日本にあてはめれば、
太郎なら太郎っぽい顔になるし、
はるか、なら、はるかっぽい顔になる
ってことかな。

素敵な名前ですねって言われると、やっぱりうれしい。

言われてちょっと嫌だったのは
変わった名前ですね、だったかな。

もちろん、大人になってからの話。子どもの頃は、変な名前だとからかわれたことは多々。

キラキラネームの子の、夜間休日の救急外来の受診率が高い、とか
キラキラネームの子どもは、
例えば、救急搬送時に、電話などの音声だけで、名前の漢字が説明しづらく、正しく伝わらないので、

救命措置以前のことで非常に時間を要してしまうといった事例があるそうです。

キラキラネームの可否をここで言うつもりはなくて、
誰もが、すてきな名前、この名前好きって言えるようになれるといいなと思います。

それだけに、娘の名付けは慎重でした。

相談する夫ももういなかったので、シングルマザーの私1人で決めました。

漢字の読みをそのまま使えて、無理な当て字は使わず、難しすぎず、平凡すぎず…

娘の幸せを願う気持ちを込められる字は…?

いつも思い出すのはこの短歌。

「とりかえしつかないことの第一歩 名付ければその名になるおまえ」俵万智

生まれてすぐに名付けられて、そのあとで形作られていく顔が、名前の影響を大きく受けるのであれば、

私たち自身のプロダクト、産物とも言えるものは、何も顔だけではなくて。

おそらく、書く文字や話す言葉も、顔に多少なりとも影響するのだと思います。

悪口言っている人の顔って、本当に意地悪そうに見えるしね。

そんなことを思い、病院の問診票は少し丁寧に書いてみました。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

その思いは、言葉にできますか

言葉になっていない思いを言語化すること、が私の中でのコーチングの定義のひとつです。

コーチングでないほうの私の仕事は、メディカルライター。

こちらの仕事に関しては、データの解析結果を言語化すること。

難しさもありますが、
人間の感情に比べると、比較的書きやすいような気がします。

もちろん、勉強すべきことは多いですが…

対して、ひとの感情を、正しく言語化するのは難しい。
それだけに、言葉にできなかったことができるようになった瞬間はとても貴重で、絡まっていた紐が一気に解けるような感覚があります。

私たちの中で、言語化されない思いは、ものすごくたくさんあります。

ちょっと感じた違和感や、反発、嫌悪、劣等感など
ここは職場だから、とか
和が大切だから、とか
私さえ我慢すればいいから、とか
いろんな理由で
なかったことにする、ことは意識的にしろ無意識的にしろ多いのだと思います。
無視してしまっていい感情もあるとは思います。
でも、中には、無視できないこともある。

それに対して、きちんと向き合うことが必要だと薄々感じていますか?

そんなときに、コーチは役に立てる存在だと思います。

最近読んだ本の表紙にこんな言葉が。

私もなかなか思いを言語化できないときがあります。

言葉にするのって難しいよね、と時に言い訳する私には耳が痛い言葉。

「言葉にできない」ことは「考えていない」のと同じである。

時折、脳裏に浮かぶその思い、言葉にできますか。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

小さな傷の上の、子連れ再婚

もともとお酒をたくさん飲む父は、

私が再婚して、娘とともに家を出た後、さらにお酒の量が増えたようです。

家を出たといっても、私たちの家は徒歩圏内にあるのだから、大丈夫とも思っていた。

けど、父にとってはその違いは私が想像した以上に大きい。

娘が産まれてから、10年以上、父親がわりになっていて、

「今までは一緒に暮らしていたのにな…」と。

直接私の耳に入ったわけではないけれど、

私たちのステップファミリーは、

誰かの小さな傷の上に成り立っている。

それでも、たぶん父は、私が再婚したことを喜んでくれているはず…と信じる。

家族の変化、新しい家庭の構築、

誰も痛み無しに、というわけにはなかなかいかない。

自分の幸せが大事だから、と、周りを見ないのも違う。

誰かに遠慮して、自分の進みたい世界へ踏み出さないのも違う。

自分の選択によって、誰かに小さな傷を負わせてしまうならば、

その痛みを認める。

認めたうえで、私が私の人生を生きる。

そんな時間の積み重ねが、やがて傷を癒すのかもしれない。

その傷のことを、ちゃんと覚えていれば。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

自分にはちょっと不幸なのが似合ってる?

昨日は自分のコーチとのセッションでした。
その時間の中では、全く気づいていないことを
セッション後に気づくことがあります。

昨日は・・・
「自分には、苦労や、ちょっと不幸なのが似合ってるという思い込み」
に気づきました。

最初の結婚、離婚、シングルマザー時代
幸せを感じる時間も確かにありました。
でも、もちろん、苦しいこともあった。

自分の人生に対しての苛立ち。
その苛立ちをぶつけるところもなく、
時に、物に当たったりしたこともありました。

実は、今私が使っているiPhoneはもう丸3年経っている物ですが
本体の一部が壊れかけてます。まだ使えるので使っていますが・・・
それは、3年前、私が部屋の中で一人、投げつけたことによるものです。
さすがに、壊れないように、布団の上に投げつけたのですが
そんな風に、物に苛立ちをぶつけるしかできないような、
ささくれだっていたこともありました。

昨年秋に再婚してから今、私は本当に幸せで、
そんな時代のことは、なんだかウソみたいに感じています。

最初の結婚生活での鬱々とした自分、シングルマザーになった自分を受け入れられない苦しさ、ようやく立ち直ってからも、
寂しさや、自分に対する苛立ちが時折自分を苦しめており、
正直なところ、私は「幸せな自分」に慣れてなかったりする。

私、こんなに幸せでいいのかな?って。
自問自答してみたり。
あとで、不幸なことが起きるんじゃないかって、ちょっと心配になったり。

「私には苦労が多くて、ちょっと不幸な人生が似合ってる」という変な思い込みがありました。

そんな思い込み、あなたにはないですか?
思い込みは、その存在を認めることで、手放すことができるようになります。
私もこうして文章にすることで、手放そうとしています。

そっと手放して、笑ってさよならしましょう。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

ステップファミリーの我が家に、娘の友達がお泊まりに来た

娘の友達がお泊まりに来ることになり
平日だけど、わざわざ仕事休む必要もないかな、と思い、
いろいろ心配なことはありつつも
小学生女子2人を信じて、2日とも通常通り仕事に行きました。

私の中で勝手に作り上げた思い込みもあって、
例えば、
大人がいない家に子どもだけで過ごさせていいのか?
娘の友達が来る時くらい、家にいた方がいいんじゃないか。
人様の大事なお子さんを預かるのだから、普通以上に食事を「ちゃんと」作らなきゃ、とか。

娘がそのお友だちの家に行った時は、お母さんが1日家にいてくれて、
一緒に遊んだりした、とも聞いていたし…

でも、現実問題、仕事を休むという選択はしづらい状況だったし、
敢えて無理して休もうとはしませんでした。

娘に、友達を家に連れて来たら、
夕食用のごはんを炊いておくようにお願いした。
朝、私が炊飯器を予約しておくこともできたけど、お米を研ぐことから子どもに任せた。

夜、私が帰宅、おかずを作る。
娘が洗濯物を取り込んで畳んでくれた。感激。
夫帰宅、みんなでごはん。

娘は「お父さん」とは呼ばないののに(恥ずかしくて呼べないそう)
娘のお友達が「お父さん」と夫のことを呼ぶ、この不思議な状況。

翌朝。
お昼ごはんのカレーを作り、電気鍋で保温。さらにごはんを炊く。
女子2人に朝ごはんを食べさせ、
私はいつもよりゆっくりめに家を出る。
お昼はカレーを食べるよう伝える。

夕方電話すると、雨が降って来たから洗濯物入れといたよ、と娘が言う。
帰宅すると、2人から「お帰りなさい!」って迎えられ、
カレーおいしかったよ、って言われてなんか嬉しくなる。
洗濯物もきれいに畳まれていて、お皿もちゃんと洗ってあった。

小5女子2人。思ったより手がかからない。むしろ、助けになった!
任せて仕事に行ってよかった。
もし私が仕事を休んで家にいたら、洗濯物もお皿洗いも私がやっていたはずで
私が家にいなかったからこそ、2人には家のことをやる機会ができた。

ちなみに…
そのお友だちは、私が再婚であることを知らない。
娘に、突然お父さんができたことも知らない。

それを帰宅中の夫にLINEで伝えたら「普通のお父さんでいいよね?」と。
うん、その通り。その通りなんだけど、「普通」って、本当につかみどころのない言葉だなと思った。
普通のお父さん、普通じゃないお父さん。
血は繋がっていないけど、普通のお父さん。
血は繋がっているけど、普通じゃないお父さん・・・こういうのってあるのかな?
「普通」っていう言葉に苦しむ人って多いと思う。

私がお風呂から上がると、夫と、娘と、友達が
アイスを食べながら話していた。
夫よ、あなたは立派な「普通のお父さん」だよ、って思った。
(あ、また「普通」って言っちゃった)

2日めの夕食は、女子3人で食べて、お友だちを送ってきました。

無事お母さんに引き渡し、任務完了!

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム

過剰反応してしまう言葉は

私が過剰に反応してしまう言葉・・・人によりますが、
娘の言う言葉の中では「無理」です。
自分の能力を過小評価しないで!!
普段それほどイライラしたりすることはない私も「カチーーーーン」ときてしまいます。

過剰に反応してしまうことって、おそらく、自分自身に原因が大ありなんだと思います。

私が娘に対して「自分の能力を過小評価して欲しくない」のは
自分自身が、24歳、大学院を修了して就職先を見つけるときに、
ただ、付き合っていた彼と早く結婚したいと言う理由で、
本当に自分がやりたい仕事かどうか、と言う観点で仕事を選択しなかったこと。
これは未だに後悔している苦い経験。
そして、自分なりに努力してもダメだったときの劣等感。
中学時代の水泳。
そして高校時代の勉強全般。そして仕事で感じる、まだまだ私ダメだ・・・という感情。

もし、あなたが、いつも以上に反応してしまう言葉があったら
どうしてかな?って考えてみると、新たな発見があるかもしれません。
もしかすると、幼い頃に、あなたが言われたり、言ったりしたときに
に辛い思いをしたことがある言葉かもしれない。
私のように、苦い経験があって、それで大きく感情が動かされてしまうのかもしれない。

 過去の自分の苦い経験を思い出したら、そうだったんだよね、と振り返る。そして、自分を責めない。

娘を見ていると、これから何にでもなれる、という可能性がとても羨ましく感じます。
だからこそ、まだその年齢で「できない」とか「無理」って言って欲しくないんだ。

結局、親が子にしてあげられることはそれほど多くない。
自分の道を決めるのはまだもう少し先になる娘だけれど、
娘が、私を振り返らずに、社会に飛び出していけたら、子育て成功、かな。

もしも目が見えなかったら、花火大会に行くだろうか

屋久島旅行から戻り、通常通りの一週間。

仕事復帰初日は久しぶりの頭痛がするも、一週間も休むと仕事も新鮮な気持ち。
時折、楽しかった旅行のことを思い出しながら、
仕事中心の8月・9月のことも思いながらも
いい状態で仕事ができた一週間でした。

ところで、私は時々、鍼治療に行っています。
先日、久しぶりに行ってきたのですが、
「先週は一週間夏休みを取って旅行に・・・」という話をしたら
確かに、体の状態がいいですね!と言われました。
へ〜そういうものなのか。確かにそうなのかもなあ〜と。

右側の腕に熱がこもってますね・・・と言われてびっくり。
先日右手の指を火傷したのですが、よくわかるなあ、と感心しました。
東洋医学すごい!! もし今私が高校生だったら、その道に進んでたかも。

ちなみに、鍼をしてくれる先生は全盲です。
結婚されていて、奥様も視覚障害をお持ちで、小さなお子さんもいらっしゃる。
「今度花火大会に行くんですが、子どもは大きな音で泣いちゃいますかね?」と聞かれ、
「お父さんお母さんがそばにいるし、大丈夫だと思いますよ」って答えました。

花火・・・その先生は花火は見えない。奥様も見えない。
音で、空気を伝わってくる振動で花火を楽しむのでしょう。そして、生まれて初めて花火を見る我が子の驚きや喜びを、皮膚を通して感じるのでしょう。
花火の音の方向を感じて、子どもにそこを見るように言うのでしょう。

感性が研ぎ澄まされているんだと思います。
もしも私が、目が見えない状態だったら、花火大会に行くだろうか。と
考えてしまいました。

見えないことってどういうことなのだろう。
視覚という機能を使わない、というだけで、それが悪いことでも劣っていることでもない、そう思います。

自分に無いものを嘆くことなく、あるものを最大限に生かそう。

★コーチングのクライアントさんを募集しています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッションを想定

日時はご相談の上決定します。扱うテーマに制限はありません。
また、明確な目標がない場合でも、コーチングは有効と考えています。

コーチングに興味がある、今の自分にコーチングは役立つか?
そもそもコーチングがよくわからない
ご質問、ご相談などは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

コーチングセッションメニュー・オリエンテーション申し込み

再婚を迷っている方はこちら→ステップファミリープログラム