そばにいるということ「青い鳥 重松清」

松本華哉(かや)です。

プロフィールはこちら

実家に行った帰りの最寄駅で本屋に寄る。

買ったのは「青い鳥」(重松清)

 

 

短編をいくつか読み進め、3つ目くらいの「おまもり」という作品へ。

 

それは、交通事故(死亡事故)の加害者の娘の視点から書かれた物語。

タイムリーすぎて、ちょっと胸がギュッとなる。

 

先日、夫が歩行者と接触するという事故を起こしました。
幸い、相手方は打撲だけですみました。

菓子折りを持ってご自宅までお詫びに伺いましたが
直接会ってはもらえず。

どうにも気持ちが整理できないまま
二人で帰ってきました。

いつも通り、夫は元気な様子を装いつつも、
事故の件でちょっといつもと違う。

「おまもり」のように
もしも、死亡事故だったら・・・・

おそらく、一生、心から笑うことすら無くなるんじゃないか。

でも、死亡事故ではなくても、骨折してなくても
後遺症の心配はない打撲だったとしても

夫は、申し訳ない気持ちでいっぱいで
それはずっと消えないような気持ちなんだろう。

これから受ける罰金や点数のことも憂鬱だろうけれどね。
罰金を払ったところで
気持ちが完全にスッキリするわけでもない。

私は家族に「コーチング」はしないから
「どんな気持ち?」なんてことはきかない。

今私がすることは
ハンドルを再び握る夫を心の中で応援すること
事故を起こさないことを祈ること
夫が疲れる前に、運転を交代すること
自分が運転するときは
気合い入れて、運転に集中すること…

そんなことを思いながら
短編集をどんどん読み進みていくと
最後の短編「カッコウの卵」にこんな言葉がありました。

こんなふうに、そばにいてくれるんだよ、
それが、村内先生の仕事なんだよ

村内先生は吃音でうまく話せない。
でも、先生にはもっと大事な仕事がある。

家族がつらい思いをしているときは

そばにいる
それでいいんだと思いました。

 

この本の村内先生のように
私の役割は、そばにいることなんだと。

 

明日はお休み。
家族でちょっとでかけてきます。

 

LINE@では、ブログに書けないことも書いてます。

コーチングのお問い合わせも、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン(企画中)人生作戦会議プログラム(メール版)

 

 

 

大切にしたいものを大切にすれば、後悔のない選択ができる

松本華哉(かや)です。

 

プロフィールはこちら

 

先日、自分が受ける方のコーチングセッションでした。

 

コーチがコーチをつけるんですか?って聞かれることもありますが、

私としては、「当然のこと」だと思っています。

 

私がコーチングを受ける目的はいくつかありますが、

最初の目的はシンプルで

「自分の精神的安定のため」

でした。

崇高な目標達成のためではないんです。

でも、定期的なコーチとの対話は

私にとっては、大切な自分の時間でした。

 

シングルマザーで、

当時経済的に苦しかった私は、

もうコーチングを辞めようか?

と思ったことも何回かありましたが

自分もコーチになろうと決めていましたし

それが自分とって価値ある時間でしたから

無理をしつつもなんとか続けてきました。

 

自分がコーチになってからは、コーチングを受ける目的は

「自己基盤」を整えるためであり、

なぜ自己基盤を整える必要があるかというと

「自分がコーチとして、クライアントを全力で応援するため」

です。

 

 

コーチをつけるようになって、ずいぶんと「精神的安定」を得られるようになりました。

 

コーチングに出会う前は、もうめちゃくちゃ不安定でした。

昼間はふつうに仕事できていても

時折、夜、布団の中でひとり大泣きしたりしててね。

 

さて、自分のコーチとのセッションは、

いろんなことがテーマになります。

 

仕事、家庭、コーチとしての活動について、

親との関係、子どもとの関係などなど。

 

先日は、

私がこれから迎える「変化」に対して

感じている「怖さ」のことを話しました。

 

楽しみな気持ちと、

やっぱり怖さがあること

後悔はないけれど

大きなものを手放したような気がしていること。

 

でも、話しているうちに

やっぱり私は

怖さはあっても、変化を望み 乗り越えていくのが楽しみであり

今回の選択は

「自分らしい選択だ」と思っている。

そんなことに気づきました。

 

↑憧れの方から頂いたルピシアの紅茶セット。たくさんのティーパックから選ぶのは、毎回とても楽しかったなー。

 

 

後悔のない選択をするには、どうしたらいいのか?

昔は、随分私も悩みました。

 

その頃、いろいろなワークを通して

私は自分の価値観(つまりは、自分が大切にしたいこと)を知りました。

 

それは「挑戦」だったり「冒険」だったり

「受容」だったりするのですが

常に私は、何かを選択する時

自分の価値観に沿うかどうか、を基準にしてきました。

 

あなたは、何を大切に生きていますか?

 

それを知り、それを大切にした選択ができれば

きっと後悔することはないと思います。

 

自分が何を大切にしているのかわからない、

何を大切にしたいのかを知りたいあなたは

私がお手伝いします。

LINE@から、まずは私と繋がってくださいね。

 

LINE@では、ブログに書けないことも書いてます。

コーチングのお問い合わせも、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン(企画中)人生作戦会議プログラム(メール版)

 

 

 

母親の自己主張 西島さん洗濯機の話

松本かやです。

プロフィールはこちら

 

春、急遽、母親との同居を解消したため

新しい洗濯機(母親用)が必要になりました。

 

洗濯機といえば・・・!

私の周囲でたくさんの人たちが欲しい、って言っているのがこれ。

(西島さん効果絶大!!

これ買っても、西島さん付いてこないから〜!なんて言って笑ってる)

 

さて、我が母も「西島さんの洗濯機がいい」と。

一人暮らしだし、そんなに大きくなくてもいいんじゃない?とか

洗剤自動投入とか要らないでしょ、とか

私はそんな言葉を発してしまった。

 

母は母で、

家電量販店見てきたけど、他の機種はピンと来なかった、とか

やっぱり西島さんのがいい、と。

 

いろんなやり取りはあったのですが、

母はこんなことを言いました。

「(私の父が)生きていた時は、何も言わずに、私が一番欲しい機種を買ってくれたのに」

 

で、私は、もう何も言わずに

母の一番欲しい機種に決めました。

(えっと・・・我が家の洗濯機の何倍の値段なんだろ 笑)

 

昔から、自己主張などほとんどしなかった母が

父の死後、いろんな自己主張をするようになりました。

 

ちょっと私は戸惑っていますが

きっと、長い年月、自分を抑えてきたであろう母。

できる範囲で応えていこうと、この時は思いました。

 

(しかし、こんな自己主張は、まだまだ序の口でした・・・)

 

さて、これからどんな新たな関係性になっていくのだろう。

 

もしかしたら、母とは

ケンカをしちゃうかもしれないし

私も寛容になれないときもあるかもしれない

私はひとり悩みすぎて、

アダルトチルドレンだとか

親子関係だとか

そんな心理系の本を手に取るのかもしれない。

 

 

だだ、変わらないのは、私は母が笑っていてほしいということ

40過ぎの娘は、幼いあの頃と同じように

そう思っているということ。

クリムト 「女の三世代」

美術館の売店で買ったうちの一枚。

 

母には母の悲しみ、苦しみがあるということを

改めて感じさせられた絵。

 

 

 

LINE@では、ブログに書けない赤裸々なことも書いてます。

コーチングのお問い合わせも、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン(企画中)人生作戦会議プログラム(メール版)