私の心の中の石ころ ワルな娘の話

本来の私なら、一番ワクワクする、夏の到来。

ただ、今年はちょっといろいろあり
今は心の中にちょっとした石ころがあって、
その石ころがなかなか外に出てかない。

そんな感じです。

娘が「悪いこと」をしたという話を書きましたが、
先生からのその電話はこんなお話でした。

塾で行われた、小テストのお話。
「隣の席の子と、回答が同じで、
間違っているところまで一致していました」

・・・そういうことです。要は、カンニング疑い、です。

その件で、私も直接先生に会いに行きましたし
もし、「疑い」が「真実」ならば、
ということで、先生とお話をしました。

その後の一週間は、「疑い」となる行動はなかったそうですが。
でも、一度でも、こうして疑われたということは
ほぼ真実なのだろうか、
「疑い」である可能性にしがみついたほうがいいのか。
「真実」と判断したとして、じゃあ私は
どう娘と向き合えばいいのか。

ずっと心の中に重い石が置かれている感じですが、
それは事実として、これからもその状態を受け入れていこうと
そんなことを考えました。

靴の中の小石に気づいていながらも
そのまま歩き続ける、ということ。
だって、その小石、今捨てるわけにはいかないから。
娘と向き合って、この話をしたら
その小石を捨ててもいいって思えるかもしれない。

でも、私の心の中の石は、しばらくの間は
ずっとそこに居続ける、そんな予感。

そんな日々を過ごしていたら
週半ばには、私自身が、扁桃腺炎に。
久しぶりの高熱で寝込みました。

寝込んでいた日は、
娘はあれこれと動いてくれたり
優しい言葉をかけてくれたりと
してくれました。

そんな姿を見ながら、カンニング疑いのことを考えている私。

そういえば、
問題集の解答をすぐに見る癖があったなあとか
作文は、事実よりも内容を「盛って」書くことがあるよなあ、とか

久しぶりに、
ただただ、1人の母親として
悶々としていました。

じゃあ、私は、すぐに正しい答えを求めていないだろうか
楽をしようとしていないだろうか、とか。

いろんなことを考えて、行き着いたところは
やってしまった悪いことは、なかったことにはしない
ということ。

娘を信じないわけじゃない。
もし、もしもその疑いが真実ならば。

悪いこと、ずるいことをする娘が
私の娘であるということ。
そして同時に
優しい心を持った娘でもあり
それが私の娘であるということ。

いろんなものすべて包含して
私はただ娘を愛するしかできない。
そんなことを思いました。

成績が良くなくてもいい、
でも、勉強に何らかのおもしろさを見出してくれると
私は嬉しい。
あなたが思っている以上に、世界は広く、
あなたの見ている世界は、思っている以上に深い。

目の前の点数なんか、気にしてほしくない。
進みたい道を、自分の力を信じて、自分で切り拓いてほしいんだよ。

再婚に迷っていますか?
→「あなたの幸せな再婚のためのメール講座」はこちら

★コーチングのクライアントさんを募集しています。
(現時点で、あと2名お受けできます)

自分の人生を真剣に生きたい人、
あきらめかけていた人生に再び挑戦したい人を応援します。
私と一緒に、あなたの人生に向き合いませんか?

♦ライフコーチングとは 

♦お問い合わせ

♦無料オリエンテーション

♦私のプロフィール

 

死を思ったとき、ブログを公表しようと思った

私はニュースなどでショッキングな内容を見聞きすると、結構それを引きずってしまいがちで、

見ていてあまりにも辛いニュースはちょっと避けていました。

例えば、

子どもの虐待、シングルマザーの貧困と無理心中、若いお母さんの死など…

我が家にはテレビがないので、意図的にニュースを見にいかないとそのようなニュースは目には入らないけれど、

新聞やネットで、いくらでも情報は手に入ったりもします。

それで、先週金曜日のニュース。

有名人であろうがなかろうが、幼い子を残して逝くことの無念、遺された家族の気持ちは

軽々しく触れてはいけない。言及するには、あまりにも生々しいもののような気がして

私はひとりいろいろなことを感じていました。

ちょうどこの週末は夫の実家で過ごしたのですが、そこではじめてテレビで、海老蔵さんの記者会見を見ました。

子どもを残してこの世を去らなければならない母親としての無念は

自分にも重ねてしまいました。

もし、もしも、私がもうすぐ死ぬのならば。

気がかりなのはやっぱり娘のこと。

そして、血のつながらない娘を託した夫が、これから幸せなのかどうか。私と結婚して幸せだったのか。

それでも、娘は、夫のサポートで立派に成長して、すてきな女性になると信じてその時を迎えようと思います。

私は、この世を去る時にどういう言葉を発するのか。

私も同じく、「愛している」と言うだろうなと思いました。

あ、でも、たぶん夫より私が長生きするんだろうな

とも思ったり 笑

子連れ再婚は怖かったです。さすがに子どもを巻き込んでこれ以上失敗できないという恐れ。

さらに、これまで親同然にサポートしてくれた両親との関係。

ある意味自由気まま、何でも自分だけで決められるシングル生活を手放すこと。

こうしたらオッケーという基準も何もない、ステップファミリーという世界に

勇気を持って挑戦した自分。

だから明日死ぬとしても、後悔はないです。

もともと、コーチとしての私からの発信をするためのブログという手段でしたが、

死を思うとき、

私が書いているこのブログは私の生きた証として、書き続けておきたいと思いました。

シングルマザー時代の絶望と希望、そして再生。

子連れ再婚という挑戦。

そんなことを書いていきます。

本当は、私のことを知る人にこれを読まれるのがとても怖かったのです。

え?こんなこと言ってるよ〜 って反応されるのがなんだか怖くて。

でもね、それこそ思い込みかもしれない。

私は私。

誰かの目を気にして自己表現をしないのは、卒業します。

私は仕事のできるバリバリのキャリア女性でもなく、

ただ職人のように地味な仕事を、時には落ち込みながらも食らいついてなんとか勤続している仕事人です。

仕事の合間を縫ってコーチングを受け、学び、

コーチとしてもまだ駆け出し。

願った通りに新しく家庭を持ったけど、

朝が苦手なのは相変わらず。

家事もそこまで得意じゃないし。

でも、これが私。

決して特別でもない普通のアラフォーです。

でも、私自身がクライアントとしてコーチングを継続することで

本当に後悔のない生き方ができました。

一度自分の人生を諦めたくなった人が、少しでも幸せを感じて生きるためにサポートしたいと、私もコーチとなりました。

★私のコーチングセッションのクライアントさんを募集しています。

扱うテーマに制限はありません。

仕事、子育て、離婚、ひとり親、再婚、パートナーとの関係、家族との関係…

私がそうであったように、言語化できないレベルの違和感でもかまいません。

コーチをつける生き方は、必ずあなたの人生においてプラスになると信じています。

1ヶ月に2回、1回45分のSkypeでの音声セッション

料金 10,000円/1ヶ月〜

お問い合わせはこちらから

 

シングルマザー時代、迷っていた再婚話を破断にした理由

再婚する5,6年前のこと、私は今の夫とは別の人との再婚話がありました。
結局、その話は破断(つまりは婚約破棄)にしたのですが、
決断するまで、再婚するか否か本当に悩みました。
自分がどうしたいのかがわからない、自分の気持ちがわからない、そんな状態でした。

昨日は再婚しようと思っても、今日はやっぱりやめようかな、と思ったり。
相手の人はとてもいい人でしたし、男友達として、長い付き合いでした。
私の子どものこともかわいがってくれました。
それだけに、悩みました。

なぜ、別れることを選んだのか?
私は「私」を主語にして考えていなかったことに気づいたのです。

なぜ彼と再婚しようと思ったのか?
「娘をかわいがってくれるから」「娘がなついているから」
その心の奥底には「私自身は彼のこと本当は好きではないのかもしれない」という気持ちがあることに気づいてしまったからです。

だからと言って、今さら戻れない・・・中途半端な気持ちのまま、ズルズルと時間は経っていきました。
当時はもうコーチングセッションを受けていましたが、
コーチとは、無意識にこの話題を避けている自分にも気付き始めました。

そんなとき、相手のお母さんからこんなことを言われました。
「息子との子どもを早く作って。妊娠するまであなたは親に子を預けて別居して、息子と二人で暮らして。」

電話越しでしたが、私ははっきりと言いました。
「私は娘とは別居しません」
そこでやっと目が覚めました。「この再婚は進めてはいけない」と。

そこからもきちんとお別れするまで、本当に大変でした。
もちろん、ずっと仲良くしてきた友達であった彼を傷つけることになりましたし、
本当に申し訳ない気持ちでした。

「息子との子どもを早く作って。妊娠するまであなたは娘と別居して息子と二人で暮らして。」
この言葉は言われた当時、「ひどい!なんてことを言うんだろう・・・」と
私もかなり激しい怒りの感情を味わいました。

しかし、今となっては思うのです。
私が中途半端な気持ちで付き合っていたことの投影ではないかと。
私は確かに、ひどいことをしていたと思います。
彼への気持ちに疑問があることに気づいたら、それから目を背けたりしないで
きちんと向かい合うべきでした。

今、再婚を迷っているシングルマザーの方へ。
「子ども」のためだけの再婚は、やめたほうがいいです。
「あなた」自身が、彼のことを本当に好きなのか、パートナーとしてやっていく覚悟があるのか。そちらの方を優先して考えてください。

子どもを優先し、自分のことは後回しにしてしまうお母さんが多いです。
後回しにするのが、自分の食事だとか、趣味だとか、洋服だとか、そううものならいいのですが
あなた自身の気持ちは後回しにしてはいけない。

それは、初婚の時はあたりまえのこと。
でも、子連れ再婚となると、見失う可能性があります。

シングルマザーであるあなたが、彼とパートナーとして生きる。
子どものことは、それが決断できてからです。

とはいえ、現実はいろいろ複雑な要素が絡み合っていることと思います。
自分だけで整理できないと思ったら、ご相談ください。

子連れ再婚への不安・迷いのご相談をお受けしております。
http://wp.me/P8rcJ6-27

シングルマザーの運動会と、ステップファミリーの運動会

再婚して初めての娘の運動会に行きました。

1年前の運動会では、既に再婚に向けて動いていましたが、

娘からは夫が運動会に来ることがまだ受け入れられませんでした。

娘は「まだ慣れてないの」と言っていました。

確かに、「お父さん」になろうとしている人が、運動会に来たりして、友だちにもなんて言っていいかわからないよね。

なので、正直にそう夫に話し、午後の部の娘の出番だけひっそりと遠くから見ていました。

そして…今年の運動会。

初めて私たちは、揃って運動会に出向きました。

夫婦で運動会というのは、私にとっても初体験でした。

振り返れば、保育園の初めての運動会。

今思うととても楽しかった!のですが、心のどこかで

両親そろって来ている他の園児の家族を見ては、

私はどう思われているんだろうか、

なぜ、お母さんしか来ていないのかと思われているんではないか。そんなことを考えていました。

夫婦で運動会に参加した今。あの頃の自分に言いたいです。

人の目を気にしてるみたいだけど、気にする必要は無いんだよ、と。

運動会。改めて見渡すと、いろんな家族がいます。

シングルマザーの家庭、シングルファーザーの家庭、

両親と兄弟姉妹たくさんの家庭

シングルマザー親子+パートナーと思われる男性

家族構成に優劣はなく、

我が子を愛する人たち、我が子を愛する人を愛する人たちの小さな集まり。

だから、運動会のお昼ごはんの時間は

他の家族と違うから、と、居心地の悪い思いをしなくてもいいんです。

家族構成や人数に優劣はないのだから。