富士登山は、娘への贈り物

松本華哉(かや)です。

 

プロフィールはこちら

 

富士山に登ってきました。

どちらかというと、山より海が好きな娘ですが、

大説得の末、一緒に来てくれました 笑

 

私は富士山二回目。

その時は、富士吉田ルートでツアーに参加しました。

 

今回は富士宮ルートです。

(所要時間は最短だけど、勾配キツめ)

 

 

娘は中学生ですから、

まあ、いろいろ言います。

口調もキツいときがあり、私もカチンむかっと来ること多々。

 

内容はホント大したことではないんですが、ね。

 

さて、今回の富士登山。

は娘への贈り物がしたかったのです。

 

それは、「自信のようなもの」

 

いつか、街や他の山から富士山を見たときに、

「あの富士山に私は登ったんだ!

だから私はできる、大丈夫」

という、自分を支えてくれるような何か。

 

私はいろんな山に登って来ましたが、

富士山ほどいろんな人に愛される山はないなぁと思います。

 

山に登らない人でも

富士山の姿を見て嬉しくなったり喜んだり、時には祈ったり

そして日本には「富士山」の歌まである。

(♫頭を雲の上に出し〜)

 

標高も、日本国内ではダントツの1位。

 

無事に登頂して山頂からご来光を。
娘はこれから
たくさん、自分の力を信じられなくなることに直面するんじゃないかと思います。
 
中学、高校、その先の未来…

世界が広がるにつれて

悔しい思いも、自分がもどかしく感じる時も

たくさんあると思います。

 

そんなとき、たまたま高いところから富士山が見えたら

あ、私はあそこに立ったんだ 

と思うことができたら

少しだけ自分の力を信じられるような気がするんです。

 

私自身が、そうなんです。

 

都会の高いビルから富士山をみつけたとき

他の山を登っているとき

 

富士山を見ると、

「あ、私はあそこに登ったんだ」

という気持ちが

ロウソクの火のようにポッと

自分の心を暖めてくれる。

 

さぁ、うちの娘はどうかな?

↑下りの9合めにて。

 

 

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 7月スタート募集開始(単発/継続コース)

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会