プロフィール

東京都出身。1977年生まれ。

一人っ子として、十分に愛情を注がれて育つ。
一方で、両親の不仲に心を痛める子ども時代を過ごす。

中学入学後、一部の男子生徒から言われた「ブス」という言葉をきっかけに
自身の外見にコンプレックスを抱くようになる。

高校生になると、同級生は優秀な生徒ばかり。
人間的に尊敬できる教師や部活仲間に恵まれ
成績は悪いが楽しい高校生活を送る。

僻地医療に携わる医師に憧れ、医学部を目指すも挫折。
2浪の末、薬学の道へ進む。

大学進学と同時に実家を離れ、一人暮らしを始める。
ワンダーフォーゲル部に入部し、登山を本格的に始める。

学生時代から付き合っていた彼氏と結婚するため
東京に戻らずに彼の勤務先の名古屋で就職先を決め、
27歳で結婚。

しかし、長女妊娠をきっかけに夫との関係が急激に悪化。

出産前に協議離婚。
自分で選択した離婚にも関わらず、
離婚した自分が受け入れられず苦悩。
妊婦健診で受診した産婦人科から精神科に回され
うつ病の診断を受ける。

胎児に悪影響のある抗うつ薬の服用を拒否するも、
精神状態が悪化し、薬を服用せざるを得なくなる。
出産までこぎつけるも、生まれた長女は新生児一過性多呼吸症候群。
一週間の小児科入院となる。
原因は、妊娠中に私が服用した薬による
薬物離脱症状によるものと医師から言われる。

自分がいつまでも塞ぎ込んでいると、
本当に大切なものを失ってしまう、と感じ
娘の前では泣かないと決める。
子育てに没頭することで
徐々に自分を取り戻す。

インターネットや本から
多くのシングルマザーが生き生きとして活躍する姿を見て、
ようやく奮起。
長女10ヶ月で再就職。医薬品業界に従事。

子どもが成人するまでは生きなきゃいけないけれど
その先はどうでもいい、と
人生を消化試合のように考え、
自分の感情を押し殺し、
ただ生活や教育費の捻出のために働く。

本当の自分の思いを話せる時間が欲しくて始めたコーチングが
自分の人生に対する姿勢を変えたことに気づき、自らもコーチになろうと決意。
2016年銀座コーチングスクール認定コーチ取得。

シングルマザーとしての人生を謳歌しようと決めた頃
自分の生き方を丸ごと肯定してくれるパートナーと出会い、
思春期の娘を連れて再婚。
家族または夫婦で登山やキャンプなどのアウトドア活動を楽しむ。

思い描いていた人生のレールから外れて人生をあきらめている人が
希望を見出して生きることを応援するライフコーチとして活動中。

<所有資格>

日本家族問題相談連盟 離婚カウンセラー(2014年取得)
GCS認定コーチ(2016年取得)