君には居場所がある

松本華哉(かや)です。

 

プロフィールはこちら

 

先日、外資系企業の社会貢献プロジェクトにサポートとして参加しました。

 

虐待、貧困、DV、障がい等、 困難な状況にある子どもたちが自己肯定感を高め自立していくことを目的としたプロジェクトです。

 

そのプロジェクトで、卒業生も含めたワークショップが行われました。

 

こちらの企業の社員さんの

子どもたちにかける言葉や眼差しが

本当に暖かく、

あなたたちを守る、応援する、

という気持ちが強く伝わってきて

胸が熱くなりました。

 

 

このプロジェクトはあなたたちの居場所、コミュニティです。

だから安心していつでも帰ってきてほしい。

大変なとき、苦しい時ほど

この場に来てほしい。

それから、私たちからの連絡は

無視しないように。

既読スルーはやめてください。

YESかNO、一言でもいいから返事をしてほしい。

 

 

聞いていた私の方が胸に込み上げるものがありました。

 

私がサポートさせてもらったのは

子どもたちへのヒーローインタビュー。

 

グループワークで

夢を叶えた自分になりきって、

ヒーローインタビューを受けるという設定で、

私は、ライフコーチとして、

彼らの話を聴かせて頂きました。

 

最初は照れくささも見られるのですが、

徐々に彼らは「夢を叶えた自分」になりきって、

話を聴く私のほうも

進路に悩む高校生ではなく

本当に夢を叶えた熟年世代のように感じられます。

 

そう、ライフコーチは

クライアントの成長した姿や

夢を叶えた姿を

今の姿の、向こう側に見ているんです。

 

安定していて、稼げるから、という理由で選んだ仕事が

本当は

誰かの役に立ちたいという思いがあったことに気づいた若者の顔を見ながら

私自身も、「仕事をする理由」を

考えさせられました。

 

 

「居場所」があるって、本当に心強いこと。

わたしには居場所がない、と感じることが人にとって

1番つらいことだと思うから。

 

他のメンバーがやけにキラキラ輝いて見えて、

自分なんかダメだ

そんな気持ちのときに、

仲間に会いに行くのはちょっとしんどいかもしれない。

 

私も、シングルマザー時代

同窓会と名のつくものは

一切参加しない時期がありました。

 

社会的地位のある職業についている同級生や

世界中を飛び回って、大活躍している同級生

眩しくてたまらない人たちに溢れた同窓会に行ったって

バツイチ、シングルマザーの私なんて、

みじめになるだけだ、とね。

 

結局、大規模な同窓会に参加する機会は逃しましたが

個別に声をかけてくれた友達と再会し

想像以上に

たくさん元気をもらったこともありました。

 

 

大人も子どもも、居場所が必要。

「家庭」「職場」「学校」ほど

大きな規模ではないけれど

ライフコーチが

あなたのささやかな居場所になると

嬉しいです。

 

ライフコーチは、あなたのパートナーとして

あなたの挑戦を支援します。

 

お問い合わせ、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション 10月スタート募集開始(単発/継続コース)

あなたの小さな挑戦、私がお供します。

あなたのパートナーとして、あなたの人生について作戦会議をしましょう

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン(企画中)人生作戦会議プログラム(メール版)